命は奇跡!

0
597

We had BBQ on the weekend!

Handmade burger, baked cinnamon apple and outdoor coffee.

人生とはリスクがいっぱい!

(↓ 炭火焼バーガー!)

ダッチオーブンでバターやラム酒、シナモンが染み込んだアップル。

20130225-091856.jpg

 

スモア↓

木から何度も落ちたルイ(笑)Look at his smiley face!!!

そして、危険なことがこの日に待ち構えているとは、

まったく想像もできませんでした。

帰宅しようとしていたところ、ルイを失うかもしれない。

我が子を失うかもしれない。

そんな覚悟を初めてさせられた出来事。

 

小学2年生になると、親の目が行き届かなくなる時間もたくさんでてきます。

そんな一瞬の隙におこったできごと。

私はすぐに大勢の方、警察、周囲の皆さんにSOSを呼びかけ、

涙を抑え、最悪な場合も覚悟し、必死に最善を尽くしました。

でも、無力。

 

あとは、ルイの生命力と、生きようとする力を信じるしかありませんでした。

そして、1時間半後、無事にルイが私たちのもとに戻って来ました。

泣いていました。

早めに対処したことが、すべてをいい方向にもっていくことができました。

 

あとで話しを聞くと、ルイは「絶対に死にたくなかった!」

「日が暗くなってきて、寒かったけど、絶対に僕は生きたかった!」

「僕があきらめるはずないでしょう、ママ」

「家族が一番、一番、一番大切だから、絶対に会いたかった」

 

と、自分で自分の身体、命を一生懸命守ろうとしたことを

伝えてくれました。

もしも、あきらめたり、心が弱くなっていたら、致命的なことに

繋がってしまうかもしれなかった。

 

そこで、ルイは逞しく、私も想像を絶するくらいの生きる力を発揮し、

勇敢な行動をとってくれました。

瞬時に、何が安全かを察知して、自分の命を守ることができたルイ。

パトカーにはじめて乗ったルイ。

大冒険をすることになったルイ。

 

帰宅して、温かいお風呂にはいって、温かいホットチョコレートを飲み、

家族皆で笑いながらお話をしたときのルイの一言。

「僕は、家族が世界一!あ?、皆で暮らせるって、幸せだな?」

と・・・

 

日常ではマイペースなルイ。

でも8年間の育児の中で、私はルイに本物の生きる力と、

危機管理能力(偶然にも来月の撮影のセミナーテーマです)、

自分を大切に思い、家族の愛を信じる力、自分で考えて、

自分で道を選ぶ力を育んであげることができたんだと、

改めて、改めて、辛い形ではありました気付くことができ

感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

育児の悩み、英語教育の悩み、?日のように届きます。

大体の悩みは、今の日本の安全が続くという前提でのご質問です。

でも本当に大切なことは、

答えのない世界で、あるいは、日常生活から離れたときに

いかに自分の心を強く保ち、幸せに、感謝の気持ちをもって

新たな道を創造できる力ではないでしょうか?

 

生きてるだけで丸儲け!

明日があるかないかでさえ、誰もわからない。

出会いは一期一会。

チャンスは前髪。

生きるってやっぱり奇跡です。

 

ここ最近、おこらなくてもいい出来事がなぜか続けておこっているのですが、

私に、生きることをもっと多くの母に、子どもに、伝えていきなさいと

いわれているようで仕方がありません。

私も改めて心をいれかえ、もっと一瞬一瞬を、

目の前のことを大切に過ごしていきたいと強く感じました。