3.11から2年たって

0
809

Rikuzentakata, Okuma remember disaster victims

Japan marks the second anniversary of the 2011 earthquake and tsunami that devastated Tohoku’s coastline.

東北大震災から2年。

3.11 2:46pm.

次男ノアと、パートナーと3人で黙祷を捧げました。

涙が・・・

 

当時の私の状況は過去のブログにリアルに記載しています。

何が変わったか。

放射線を意識すること、揺れを感じたらすぐに情報をチェックすること、

地震・津波を意識すること、日常が特別と日々意識することなど。

 

震災後ショックから立ち直るまでに随分時間がかかりましたが、

グロ育をやはり日本でやろう!と決めたのも、震災があったから。

 

長男が帰宅後、黙祷をしたかきいてみると

 

「したよ!でももう、震災のこと話さないで。

僕は悲しくなる。今日も道徳の時間、先生が亡くなった子供たちのことを

話して、僕、悲しくて涙拭いたんだ。

誰もみてなかったけど・・・

悲しくなるから、もう話すのやめよう!」

 

と。

そして、その後、ルイの夢を語ってくれました。

そのルイの力強い人生プランに、すごいな?と素直に感心させれました。

 

「なんでもやってみなきゃわからない。

やってみてダメだったら、また違うこと探してみたらいいんだよ。」

 

と。

ほ?、日本の教育のこと、オーストラリアの教育のこと、

いろんなことを客観的に的確に分析していて、

自分がどんなところで生き生きできるか、

自分の魂を輝かすことができるかもよくわかっているようです。

 

東北大震災で犠牲になられた方、

今も日常にもどることができない方、

すべての方のことを思いながら・・・

 

ピカピカに自分の心を磨き、子どもの心を磨き、

深い深い歴史ある日本にある様々な傷や痛みを

ひとりひとりが heal・・・

癒していくこと、土地を浄化していくことが

必要とされているのだなと感じます。

 

祈りを捧げます

SAYURI