ダイバーシティーと女性活躍

0
730

20130316-103143.jpg

「ダイバーシティと女性活躍の推進」という一冊。

経済産業省の最新データが多く掲載されているので

読みもととしては、少しむずかしいのですが、

ざっと目を通すだけでも今の日本がわかります。

 

女性の社会進出が他の先進国に比べるとやはりまだまだな日本。

数字でその事実を改めて確認すると、やはり落胆します。

実際に、オーストラリアでは、女性をどれだけ企業が雇用しているかという

基準値が設けられているだけに(政府への報告を義務付けした情報開示制度あり)

女性のキャリアづくりを目の前でみてきているから、

日本での女性の暮らしに、違和感を覚えるのも当然かもしれません。

 

また、女性もいいアイディアがあっても、

育児とのバランス、それを形にするスキル、資金、素晴らしい応援者との出会いが

ないと、無から有に変えていくことはできません。

女性自身の意識改革も必要です。

そのサポートの仕組みは、これから日本でも国をあげた政策として

早急に進められています。

 

ひとつ、この一冊の中に、共感するフレーズがありました。

すこし柔らかい表現におきかえてご紹介しますと

 

「ダイバーシティー社会では、これから日本も外国人を

どんどん起用した企業を増やしていかなくてはならない中で、

女性の雇用も難しいといっている企業が、

さらに大きな考え方や文化の違いのある外国人を雇用して

いくのはむずかしい」

 

というもの。

女性活用を推進していくことさえも対応できない企業は

これから急速に進み続けるグローバル社会には対応できません

ということですね。

 

記憶にある過去でも大きく変化している世界。

これからその変化のスピードはどんどん速くなります。

焦る必要はありませんが、未来を想像できる器をつくっておくことは重要ですね!