学びの原点

0
683

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から次男ノアが発熱!

元気そうにしているのですが、38度くらいあるので

最高のお天気ですが、窓をたっぷりあけて家仕事しております。

 

セミナー・講座などで沢山の女性とお話してきました。

なるべく、少しでも多く参加者の方にお話してもらうことで

私が準備した内容よりも、参加者のかたが求めている

情報の答えや答えとなるきっかけをより多くお伝えすることが

できるようが、その時間の価値が高くなると感じているからです。

私8:参加者2の場合もあれば、5:5のようなセミナーもある。

そういうなるべく2WAYに近いやりとりをするためには、

質問してくださる方のほうが多くを受け取ることができるということも

強く感じます。

 

また、等身大の参加者同士の意見や感覚、悩みなどを

シェアし、それに対するフィードバックを共有する過程で、

実際、他の参加者も同じように自分の中に落としこんでいく

ことができます。

 

セミナーやレッスンのあと、どんな方が内容を

落としこんで素晴らしい結果をだしてくださるか・・・

様々な方を拝見していると、2つの共通点があります。

TOP2をあげますね!

 

1)強く変化を求めている方(未来を信じている方)

2)私のことを信頼してくださっている方

この2点は、必須条件のようです。

教育者とか、先生と呼ばれる人と生徒や受講生との関係も

同じだなと思います。

とにかく変化を求めていれば、2番がなくても、

未来を信じる力が強いので、変化できます。

 

そこに、信頼関係が加わると、とても強いパワーとなります。

信頼関係の中には、受講する側の信頼と、

発信する側の受講生への信頼と、両方実はあります。

ということで、お気づきだと思うのですが、

「教育」と表現に変えても、「親子関係」という表現に変えても、

何かを誰かが習得するときに、

必須条件が「変わりたいよ?!」「知りたいよ?!」と

本人が思っているかどうかなんです。

その気持ちを引き出すことに、講師や先生、

親の役割があるのだと思います。

 

教える、させる、興味をもたせるのではなく・・・涙

教えてもらいたい気持ちを待つ、

したいと心から欲するまで待つ、

強い興味がでるまで待つ!

「学びのタイミングを待つこと」が親や先生は大切!

 

だから、3STEP!

1)求める

2)考え方を変えられる

3)行動を変えられる

人であれば、必ず、少しずつでも変化するし、

必ず結果がみえてきます。

 

求めないことがいいような風潮がある中で、

個人的に解釈していることは

 

「求めないとは・・・

自分でコントロールできないものを求めない。

執着しない。」

 

「自分でコントロールできることは、

おもいっきり求める!」

 

ことが、個人だけではなく、社会の繁栄とか、発展にも

とても大切ではないかな?と感じるのです。