Spirit:オーストラリア植物物語

0
562

44_img086

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼ばれるように出会い、銀座で開催された写真展に

先日お伺いしました。

写真家 相原正明さんの写真展。

 

久しぶりに写真に泣かされました。

愛がある。

心がある。

魂を感じる。

 

オーストラリアの植物たちが

相原さんの写真を通して、何かを語りかけているように感じるんです。

恋しいオーストラリアを少しでも感じられたらと

足を運んだのですが、そのSPIRITがそこに存在していました。

 

オーストラリアの大自然が恋しくて、恋しくて・・・

10年以上想い続けて・・・

(日本の四季や自然ももちろん、唯一無二の美しさです。)

 

オーストラリアにいるときや、

オーストラリアを知っている方とお話しするときは、

明らかに自分が解放されている。

 

相原さんはタスマニアの親善大使でもいらっしゃるのですが、

オーストラリアのアウトバックをキャンプをしながらまわり、

10年以上も撮り続けていらっしゃる。

 

独特の魅力があり、

独特の自然があり、

独特の原住民の暮らしがあり、

独特のメッセージがそこにはある。

 

相原さんとアイデンティティーや、

日本人とは?ということも会話の中ででてきて、

また改めて自分が何を伝えようとしているのか、

原点に戻ることができ、心があらわれました。

 

そして、アイデンティティーを理解してもらうことが

とても難しいとお話ししたところ、

「海をみたことのない人に、海の魅力を伝えてもわからないから、

外にでたことがないと難しいね。」

 

とおっしゃっていて、やっぱり心の器というのを

広げていけるような環境は必要だと感じました。

 

外にでたことがないと難しいかもしれないけれど、

写真をみて感動したり、人の話しを聴いて視野が広がったり、

疑似体験から少しずつ、少しずつでも

感動できる心、理解できる心の器を

親子が広げられるように。

 

心のある方、思考の深い方との出会い、

教養のある方との出会い、

美しいアートや自然との触れ合いが

またひとつ、私の心の器を広げてくれます。

相原さん、ありがとうございました!