海育と子どもアベノミクス

0
941

20130730-104228.jpg

子どもと楽しみたいとか

親も楽しむべきとかではなく

親「が」自然と笑顔になる場所にいくこと

大切ですね。

 

こんな海育写真FBにアップしていますが

私自身が何もかも忘れて

おおはしゃぎで一人波にのっていると

子どもたちもその後、

急にぐんぐん波に向かっていくようになりました。

 

させるのではなく、自ら「が」楽しむ。

それだけだな?と改めて感じます。

海は、人に謙虚さを教えてくれます。

海は、人の器を大きくしてくれます。

 

海の力を少しおかりして、子どもたちの力を

育んであげたいですね。

 

また、かなりの長時間ドライブの旅となりましたが、

やはり、旅中の「会話」がとても重要です。

親も日常から離れて、心も思考も解放した状態で

フラットに「子どもの今」に気づくことができますし、

本当に大切なことに改めて気づくことができます。

 

夫婦でアベノミクスと歴史について会話していると、

小3の長男が

「アベノミクスはさ???」

なんて、知ったようにジャッジをしはじめました。

 

私 「ルイ、アベノミクスって何か知ってる?」

ルイ 「あべしゅしょうの”けいざい”をすすめるものでしょ?」

 

私、パートナーと驚きの表情で目をあわせると

その先も質問してみました!

 

私 「じゃあ、経済って何か知ってる?」

ルイ 「経済は、お金をまわすことだよね」

 

またまたびっくり。

 

私 「じゃあ、アベノミクスはどうなんだろう?」

ルイ 「アベノミクスはさ、いろんなものが高くなったりして

逆にけいざいが、みんなが、混乱しちゃってるよね。」

 

私、パートナー、またびっくり。

これは、正しいとか、正しくないとか

完全に理解しているとかそういうことではなく

自分の言葉で、自分の考えを表現できること。

 

これに私は驚いたのです。

私が高校時代に留学中にマレーシアで答えられなかった

日本についての質問、きっと息子たちは

高校になれば、発信側にまわれる人たちになるだろうと

たのもしく感じました。

 

また、ルイの日頃のどんな行動が

こういう考えにいたるようになったのか、

それもわかりました。

また続きは今度?!