【国際交流】秋のオススメ映画

0
757

昨日から受付スタートした

12月の「日本人女性として海外で起業・育児するということ?ナチュロパスなみさんをお迎えして?」セミナー

2ヶ月以上も先ですが、遠方の方からも

続々とお申込いただいています!!!

 

お受けできる人数は、月数名になってしまっているのですが、

個人のメールレッスン、ビジネスレッスンも現在進行中で、

今、受講してくださっている方達が、また、ひとつ、ひとつ、

気づきがあり、前進し、解放されていく!

 

心を軽くして、素敵な人やチャンスを引きよせていくという

ことがまたおこっていて、そんなときは私も本当に嬉しいです!

レッスンではなく、セッションとこれから呼びたいな?なんて

思っているのですが、お受けする側として、

自分をいい状態にしておくこと、大切にしています。

 

そんなために必要なことは、映画、読書、音楽、笑う、遊ぶ、

感動する、アロマ、エクササイズ、マッサージ、瞑想、お食事、

好きな人に会う!

最近感動した映画を今日はご紹介しますね。

新潟では先行上映がスタートしている

佐渡島が舞台のリアルストーリーをベースに描かれた

映画「飛べ!ダコタ」

今週末から、各地で上映がスタートします。

 

一足先に映画を観る機会をいただいたのですが、

本当にあった出来事だから、ストーリーに力がある!

半年前まで敵対し合い、傷つけあってきた

イギリス人が不時着した佐渡島、

地元の人たちがどのような気持ちで再度飛行機を飛ばすまで、

協力しあったのか・・・

 

戦争はどうしておこったんだろう?

子どもを戦争で失った親の気持ちは・・・

日本の失敗は何だったんだろう?

そこから学び、私たちが心に刻み込んで、

行動していくべきことはなんだろう?

 

そして、本当の国際交流や、ダイバーシティコミュニケーションって

なんだろう?

人と人のふれあいって?

助け合いって?

と、深く考えることとなりました。

 

私たちは二度と同じことを繰り返してはいけないし、

また、同時に、真実を、次世代に伝えていかなくてはいけない。

利害ばかりを求めて、人と関わるのではなくて、

「お互いさま」

という気持ちで、肌と肌、心と心がふれあうような関係を大切にしたい。

 

今の私たちの社会はどうかな。

なんだか人と人が嫌われないように、

あるいは、利害の上に関係があることが多い気がしないかな。

本気で伝え合ったり、助け合ったりできているかな。

 

今、中国人の男の子を我家でも時々迎えていて、

中国のリアルな生活、驚く教育、日本への思い、

日本では考えられないバックグラウンドを

聞かせていただいていて、とても勉強になります。

 

過去を許し合い、認め合い、理解しあい、尊敬し合い、

民間で交流していくことの重要性、ひしひし感じています。

国際交流を考えてみるきっかけになってくれる

映画「飛べ!ダコタ」よかったら観てみてくださいね!