女性と子どもに教育を?

0
740

 

グローバル育児®プロジェクトを立ち上げる前から

いつも考えていることがあります。

それは、何が最終目標なのかということ。

本当に大切なことは何かということ。

 

そして、いつも同じ答えにたどり着きます。

幸せ・平和・愛・いい循環。

 

日本全体が、内を知って外を知ることが大切。

日本を捨てずに、アイデンティティーを投げ捨てて

外に逃げるように留学や移住をするのではなくて

もっているものは大切にしながら

自分の強みや能力を育て、磨いて、磨いて、

引き出して、最高レベルまで引き上げることは

 

自分を幸せにすること。

自分の人生を豊かにすること。

 

そしてそれは、結局、他者のためでもあるし、

社会のためでもあるし、日本のため、世界のためになる。

 

そのために、日本で高学歴の女性たちが

育児や結婚をきっかけにガラスの天井にぶつかり、

身動きがとれなくなり、学びや成長、社会との関わりが

とまってしまうことは、あまりにももったいない。

 

今年は、小学校と幼稚園と両方の役員や係を引き受けてみて、

改めて、ミーティングの進め方、ディスカッションの仕方、

話しの進め方など、お母さんたちが磨けるところを磨けば、

素晴らしい地域ができ、教育環境が向上すると痛感しています。

 

多くの母は、ポテンシャルが高いし、専門性や特技もあるし、

いい心をもっている。

子どもたちや未来のことを考える人として、

誰よりも、純粋な、本当に綺麗な気持ちで

強く願い、思っている人たちかもしれません。

 

そこに、パワーやスキルや知識が少しでもプラスされれば、

もっと、もっと、もっと素晴らしい影響力となる。

 

そんな母親、女性の活動のうねり、波のようなものが

日本にできてきましたので、

そんな活動をひとつに繋げていくことも、

今の日本で重要なのかもしれません。

個別ではなく、繋がっていくこと。

 

教育は、人生を変えます。

世界を変えます。