子どもの想像力の育み方

0
462

20131027-173224.jpg

我が家には年長さんと小3の息子たちが遊べるデジタルゲームがありません。
車で読書を終えた子どもたちが、
暇だから携帯ゲームをさせてーという
子供たち、しりとりでもしたら?というと連想ゲームがスタートしました。

「谷といったらふーかーい、
深いいったらうーみ!」

なんてイマジネーション、使っていました。

また、朝食中、今日は
牛乳から色んな話になりました。

20131027-173256.jpg

農薬の話からはじまり、
牛乳の話し、
オーストラリアのミルクの話になり、
エリザベス女王やコインの話になり、
イギリスからの移民や先住民の話になり、
人種の話。

この辺りで子供たちは、
朝食も終わり、
夫婦でカフェオレの二杯目をいただきながら、
環境と経済の話になりました。

この続きのお話は
また次回にしようと思いますが、
食事中の会話だけでも
大人も子どもも一緒になって
どこまでも想像の世界を広げることができる。

日頃の行動や会話が、
想像の限界をつくってしまっていませんか?

どんどん話題がそれて、
たくさんの無駄話に思えるような話しをすることは実は、心や脳、
考える力を育んでくれる重要な時間ですね!