【子どもの夢】息子が怒って帰宅したときの会話

0
788

20131120-231321.jpg

グロ育スマイルカフェ(SNS)には、

日常の会話をどうやって親として

ナビゲートすればいい関係が築けて

子どもの能力を開花させることができるかを丁寧に、

ひとつひとつ、動画で公開しています。

 

また、子育てコーチングについて、

プロのコーチをお迎えした動画もすべて無料で配信しています。

今日は最近の会話です。

 

まずは、ほのぼの会話。

そして9歳の息子ルイが怒って帰宅したときの会話を再現!

 

【会話①】

■私「ママ、2人のこと、しかったりしてるけど、

2人も、ママが悪いときは叱ってね。

 

2人大きく首をふって同時に「叱れないよ・・・ママのこと。」

(これには、親として気をつけなければならないこと、

気づかされます。)

 

【会話②】

■6歳ノア「僕、べんきょう も しごと も好きだから、

どっちか選ぶことはできないな?」

 

私「じゃあ、どっちとも好きなだけやってもいいんだよ?。

ママ、今は勉強好きだな?。」

 

ノア「おしごとよりも??」

 

私「う?ん、仕事も大好きだな?。

だって、知っていることとか、好きなことを

人に伝えて、喜んでもらえるって嬉しくない?」

 

ノア「いいことだ!」

 

会話③】

■ルイ「ただいま?今日は最悪だった?!」

 

私「最悪だけっていう日は、ないんだよ。

まずは、嬉しかったこと教えてね!」

 

ルイ怒りを抑えながら・・・「えっと、

給食がおいしかったこと。」

 

私、笑いをこらえながら・・・「今日の給食なんだったっけ?」

 

ルイ「黒パンと、シチューとか、おいしかった。」

 

私「そっか、よかったね?!で、嫌だったことがあったの?」

 

ルイ「◯◯がさあ、(と女の子の名前をあげながら)

僕とY(仲良しの男の子の名前)の夢を教えて?ってしつこいからさあ、

仕方なしに教えてあげたら、馬鹿にして、邪魔してくるんだよ???!

S(別の女の子の名前)はさ、いいね?って応援してくれるのに!」

 

私「喧嘩になったの?」

 

ルイ「だって、〇〇がちょっかいかけてくるんだもん。」

 

私「手をあげたりしなかった?」

 

ルイ「女の子に乱暴したら駄目だってパパから教えてもらってるから、

すごく、すごく我慢したんだよ、僕。」

 

私「よし、えらい。それはね、ルイ、すご?く得したよ。」

 

ルイ「なんで?」

 

私「いいことを学んだ。だって、自分の夢って、たくさん色んな人に

話したほうが叶うっていうんだけどね、

実は、話しちゃいけない人がいるの。」

 

2人とも・・・目をくりくりさせて、興味津々!

 

私「夢は、応援してくれる人と

そんなことをできるわけないよ?って

邪魔してくる人といるの。

どっちの人に話したらいいと思う?」

 

ルイ「応援してくれる人?。」

 

と・・・・会話は続き、

おやつを食べながら、しゃべるだけしゃべったら

 

ルイ「ああ、なんだかスッキリしてきたみたい。

じゃ、遊びにいってきま?す!」

 

私 ・・・苦笑・・・

 

【会話④】

私、絵本を読みながら「サンタさんに、2人がプレゼントできるものって?」

 

ノア「僕は、こころ。」

 

ルイ「う?ん、手紙とか、、、クッキーとか、人参!」

 

私「人参??!」

 

ルイ「トナカイにもあげなきゃっ!」

 

私「なるほど?。ママは、何をプレゼントしてあげられるだろう。」

 

ルイ「笑顔とかあ・・・」

 

ノア「優しさじゃない?」

 

今日はここまでですが、会話は毎日尽きません。

グロ育スマイルカフェ(300無料セミナー視聴可能なSNS)の

メンバーの皆様には

親子の家庭での英語の取り組みも、

最新動画、プレゼントとしてまた準備ができたら

メール配信いたしますね。

 

5歳よりも6歳になり、ぐんと成長しています。

しかも、本当にお勉強という形ですることがない我家ですが

数ヶ月に一回、机に座って英語やりた?いという時間が

急にくることがあります。

 

そのときに、writing やreadingのステージが初めてわかるわけですが

タイミングがいつになるかわからず。

プライベートすぎる映像になってしまいます(笑)