女性のための家庭と仕事の時間の使い方

0
736

 

今月から、初めてグローバル育児にであう方や、グローバル育児を実践中の方に、ベーシックコースをコーディネーターが開催しています。スタート時から大人気のコースとなり、コーディネーターが引っ張りだこです(笑)

私自身、来年に向けて大きなプロジェクトが始動しはじめているので、ベーシクコースに関しては、遠隔で、みんなが気持ちよく開催し、受講し、マネジメントできるように、あちらこちらで連絡をうけながら、対応できるよう確保していますが、私のこの時間の確保も、きっと初期だけ。

コーデがどんどん自立&成長していますから!

今日はその「時間」について。

よく、「時間をつくる」という表現をするけれど、よく考えてみるとおかしな表現。

なぜなら時間は、どんな国の人にも、どんな立場の人にも、どんな年齢や職業の人にも、同じ一日24時間という平等な時間が与えられているから。

となると、「時間をつくる」とか、
「時間がない」には少し説明が必要になりますね。

まず、時間がなくて、、、
と言う言葉を聞くと

「そのために費やすことのできる
私の大切な時間はない」

と、理解するようにしてます。

また、

「時間をつくる」

と聞くと、

「たくさんすべきことはあるけれど
それより大切なことがあるから

「もっと大切な他のことに
時間を使う」

と解釈するようにしています。

今でも、たくさん、たくさん、
毎日のように時間がなくて、
忙しくて、
時間管理や自分軸を学びたい
と声をいただきます。

そのほとんどが
優先順位をつけられなくて(あるいは、気づいていなくて)
考えがまとめられていない
という場合が多いです。

子どものニーズ
家族のニーズ
ご近所さんのニーズ
社会のニーズ
お客様からのニーズ
スタッフのニーズ
国からのニーズ

に、応えていくことが
生きること。

でも限られた時間で
どこまでできるのか。

また、自分自身のニーズを
どうやって満たしながら
気持ちよく
人にプラスを与えることができるのか。

これが難しいところです。

人生でやりたいことが
大体決まってくると
これが少し楽に考えられるようになります。

私の場合、
*夫婦
*子ども
*小学校や幼稚園
*家庭・親戚
*地域やネットワーク
*経営
*育成
*学び
*癒し
*レジャー
*精神
*健康
*未来のプラン

などと、フレームワークごとに時間を
使えるようにわけています。

それぞれのフレームワークで
自分のスキルや環境を
向上させていくことができれば
できることも増えていくし
精神的な余裕もできます。

ただ、
上のフレームワークの項目を
みていただけると
気づきがあると思うのですが

すべて

○自分との関係(健康、癒し、未来のプランなど)

○自分以外の人との関係(親子、夫婦、同僚、近所との関係)

に関わることなんです。

だからだから、

「自分が何者かを知ること」

(グロ育では“グローバルアイデンティティー”と呼んでいます。)

なしでは、
24時間を最大限活用することは難しいです。

女性ライフの自己実現(時間管理含む)このコースは、ずっと大人気のコース。

特に、動いたほうがいいときと
動かないほうがいいとき

バイオリズムを理解できると
スムーズに波にのれるようになるので、そんな波ののり方を知ることが大切です。