コンプレックスをデトックス

0
967

20140204-225415.jpg

寒暖の差が激しい2月。

先日、春のような陽気で幼稚園が平日にお休みだったため

幼稚園のお友達から誘われて、私も一緒に公園へ。

ママ友たちから、

 

「公園くるなんて、めずらし?!

お弁当もつくってきたの??

お手伝いさんがいるかと思ってた、めずらし?!

えっ、ノアとサッカー?

SAYURIちゃん、運動うまかったの??

自転車のるの??!」

 

の連発でした?(苦笑)

え?ちょっとひどくない??!といいながら、

そうね、こういうところを日頃みてもらえてないのね!

 

はい、サッカーも一緒にやるし、お弁当もつくるし、

公園もいくし、運動も好きだし、自転車ものってます!!

と、時々しか会えないママ友には主張しておきました(笑)

 

運動や、おしゃべりでデトックスしてこの日も

とっても気持ちよかったのですが、

旧正月くらいから、急に流れが変わっていまして、

身体と心のデトックスがどんどんできるようになってきました。

 

ためていたつもりはなかったのですが、たまっていたようです。

ひとつ、公私ともに進みたくても進めない

というある課題を抱えていたのですが、

その根本的な理由が、私の奥の奥の奥にまだ潜んでいたからでした。

 

それは、小学時代にいじめられた経験から、

しっかりとブロックしてきた、隠し続けてきた感情だったようで、

これは、自分でも忘れていた感情だったので、

それに気づき、言葉にした瞬間に、ボロボロ・・・・・

っと涙がでてきました。

 

本当に「問題」って本当は「問題」ではなく

「チャンスが形をかえて問題」としてあらわれてみたり

「自分の感情が邪魔をしているだけ」だったり・・・

結局すべて課題に対する答えは、

自分の感情か考えが原因なんですよね。

 

 

と同時に、ここ1ヶ月痛みを我慢してきた

右半身の大きなしこりとしびれが

マッサージにいって、1時間でなおってしまいました!!!

一体あれは何だったんですか?と聞いてみたくらい、驚きました。

 

そして、福岡に帰っていたときに

大切な友人から、重い病かも・・・余命短いかも・・・

という告白を受け、帰宅して泣き、

祈るばかりだったのですが、

それが誤診だったことがわかり、ばかやろーーー(笑)

といいながらほっとし・・・

肩の力が抜けました。

 

と同時に、いろんなアイディアが毎日ふってきます。

記事も、セミナーテーマもここ1ヶ月くらい

どんどんたまるばかりなので発信して、

早く多くの方にお届けして

生活のプラスに活用していただいたほうが絶対にいい。

 

ということで、リクエストの多い質問やテーマから

アウトプットしていこうと思います。

 

コンプレックスは、口にしてデトックス(ネタに 笑)したときに、

コンプレックスではなくなります。

一番ふれたくない部分に、あえて自分でふれてみると

すーっと物事が急に動き始めることがあります。

愚痴としてではなく、ただ、素直に感情を表現してみるということが大切。

 

INとOUTを上手にバランスとりながら、

いい気を循環させていきたいですね。