ワークライフバランスと母親の気持ち

0
1156

20120916-105102.jpg

Blue sky here in Shonan!

We have 3 day holiday this weekend here in Japan. Many schools and kindy have special events and activities!

3連休、皆さんいかがおすごしですか?

湘南は昨日は晴天!今日は少し雨がポツポツ・・・というお天気ですが、

過ごしやすい一日となりそうです。

 

今日はワークライフバランスと母親の気持ちについて。

ワークライフバランスとは、仕事とプライベートの生活がいい循環で

調和がとれている状態のこと。

仕事と家庭。仕事と育児。仕事と介護。仕事と自分の幸せ。

人は仕事をし、人や社会の役にたてる貢献をすることで

自分自身も磨かれ成長するのですが、仕事のしすぎや、

自分のプライベートが犠牲になるような働き方というのは、本当に辛いものです。

 

子どものいる母親にとっては、子どもの発熱や精神的に不安定なことがあったりすると、

周囲に迷惑がかかったり、家庭でも仕事でもベストパフォーマンスができずに

自分の気持ちの折り合いがつかず、結局はキャリアダウンするという女性が

多いのがまだまだ現状です。

この場合も、子どもと24時間一緒に過ごせるから母親も子どももハッピーになるという

わけではないので、自分の能力やエネルギーを生かしきれず、

負の方向にでてしまうことも多いです。

私自身がいつもその感情の葛藤があったことで、

「ここがこんな風になれば、もっと女性が働きやすいし、

社会にも、子どもにも、家庭にもプラスになるのに?」と

いろんなアイディアをためてきました。

今も5歳と7歳の息子たちの側で起業していますが、

無理ではない!工夫とアイディアと、チームワークがあれば、可能なんです!

 

ワークライフバランスをとれる社会にするには、母親がシステムをつくることが大切。

徹底的に「お母さんの気持ち」がわかる人が、働く環境をつくっていくこと。

スキルや育児メソッドではなくて、母親が育児にも仕事にも集中できる、

ストレスマネジメントをしながら、スキルアップできたり、

子どもの体調にあわせたフレキシブルな働き方ができる環境が必要です。

ということで、「グローバル育児」は方法だけでなく、感情のケアの仕方など、

母親の気持ちに寄り添ったオンラインセミナーをSNSで観ていただくことができます。

メンバーさんから先日、

「イライラしたときや疲れたときなどセミナーを観て、

心を落ち着かせることができています。」

と、メッセージをいただきました。

自宅で心を落ち着かせることができるって、本当に嬉しいですね!

 

グロ育コーデたちがフルにポテンシャルを発揮することで、

母親の働き方のモデルとなり、それをみて育児が楽しそう!

英語を家庭で取り入れること、私もやってみよう!

社会と関わりながら、質の高い育児ができるんだ!

という意識が広がっていくといいなと思っています。

 

そして、ワークライフバランスを考えるときに大切なのは「未来に時間を投資すること」!

このお話もまたしていきますね?

時間管理のお問い合わせ、悩みが本当に尽きません。