お寿司屋さんで交渉術を学ぶ

0
809

茅ヶ崎で大人気のお寿司屋さんに、よくいきます。
ネタの大きさとリーズナブルさで
いつも賑わっている。

大トロを口にいれると
ついつい笑みがこぼれる。

日頃、敏感に気にして
海鮮類を控え目にしているからなのか
美味しさも倍増。

息子たちのお子様寿司。
メニューはひとつ。
2人の好物はマグロとサーモン。
9歳ルイの苦手はかんぴょうといくら。

サーモンはない。
かんぴょう巻きといくらとまぐろは
お子様セットに入っている。
さあ、どうしよう?

注文のとき、
ダメもとで聞いてみた。

「いくらをサーモンに変えていただくことは
可能でしょうか?
◯◯になってもいいので。」

最後のフレーズが効いたらしく
特別に受け入れていただき
ルイ、大喜び!

私、息子たちに
「どうやって交渉したでしょう?」
と。

2人、少し考え、
次男ノアが回答!

「値段が変わってもいいので
って言ってた!」

私、
「当たり?!素晴らしい!」

お寿司屋さんで
なんでも相談してみることを学び
交渉術を学びました。

社会で必要な力のベースは、小学生で身につけられます。