【教育/Education】クラウド化や情報化について~something missing in Japan?

0
850

IMG_4511-0.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Finally! I’m trying to put my 2000 cds music data into my hard disc…

Today’s theme is “Japanese Education”! There’s always “good”s and “bad”s in this education matter and I would not be qualified to talk about how the system should be and so on. However, because of my background as? a radio DJ, a mother of 2 sons, and life experiences in Australia, I always have so much passion on researching the differences between Japanese education and other countries, analyzing what’s good and bad about Japanese education, and finding out what responsibilities we have for the world as Japanese.

So I don’t mean to criticize anything or anybody. What I would love to connect people, wisdom, ideas, service, information love and so on through my voice and action. My vision is always to create harmony (“Wa” in Japanese)? in the world.

生でやりとりできているレッスン受講者や

セミナー、ツアー参加者には結構お話ができているのですが

ネット上での配信が滞ってしまっている

世界の今、日本の現状について重要なことが今日のテーマです。

 

 

私たちの未来に関わることなので、

一人ひとりが自分の意見をもてるように発信していきたいと考えています。

 

私がいつも自分に問いかけていること。

 

「何が本質なのかな?」

「自分にできることは何かな?」

「それは、自分の価値観に沿ったものかな?」

(レッスン受講してくださった方、コーディネーターの方も

皆さん価値観をだしています!)

 

なので、一つの物事を発信するときに

その裏をとるためのリサーチ量は、発信量の100倍くらいかなと感じています。

 

今、日本は様々な意味でターニングポイントです。

一人ひとりが、何を思い、どう感じ、どう動くかによって、将来が決まっていくと思っています。

 

様々な業界、年齢、性別、国籍の異端児(笑)とお話していると

日本や自分の立ち位置を客観的に改めてみつめなおすことができます。

それは、本当に色んな分野において。

それぞれの声、意見に耳を傾けていると、

興味深い角度から物事をみることができ、本質がみえてきます。

 

たとえば、少子化の問題は

女性の社会進出と関係があるといわれることもありますが

男性の働き方も問題がありますし

(男女誰が悪いというのではなく、一人一人が自分の意思を大切にし

社会に、周囲に流されないことが大切だと考えています。)

 

男性側の意見と女性側の意見がここは全く違ってくるのですが

夫婦の関係をつくりだすマインドや日本の住環境、

育児環境、女性の社会での立ち位置、

男性の潜在的にもっている女性への希望を

女性が理解しきれていない

というところも感じます。

そして、その反対もあります。

(男性の声をお伺いする機会があることに感謝です)

 

この部分は、本当に男女間での素直に率直に会話できる機会を

つくって、心の隔たりをなくすことが

何よりも一番だと感じます。

システムではなくて、心のバリアが、社会のバリアになっていると考えています。

 

最近、ヘルニアの治療に通っているある権威の方!

オーストラリアに行く前に、マッサージにいっても、病院にいっても、

おそるおそるしか触ってもらえなかった身体を

魔法の手で、みるみるうちに楽にしてくれます。

 

そして、「治します!」

と言ってくれたのは、この方だけ(嬉涙)

 

治療は1時間と少し。

この方ともその間に、興味深い会話になります。

 

本質を常に追求されていらっしゃるマスターのマスター!

・世界をコントロールしている人

・身体に対する考え方(健康法・くすり・食・精神・がんの治し方)

・東洋と西洋のこと

・お茶の話し

・思考のパワーが科学で証明されたこと

・日本の教育、歴史

・お互いの経験と考えをシェア

などなど、あっという間の1時間!

 

前置きが長くなりましたが、日本が大きくシフトしている今

(活動を始めたときは、これからシフトするよ?でしたが

今、真っ只中!)

歴史や他国との関係をみていると

そして、勉強を続けていると

未来を大きく動かすことのできるのは

本物の教育にあると改めて痛感するばかりです。

メソッドや、テクニックや設備ではなく、人をつくる教育です。

「教育」とは、学校のお勉強のことではなく、

 

何を知り、何を学び、何に向かうか!

 

ビジネスだって、景気だって、教育で動かすことができます。

その教育業界が、大きく方向性をシフトしようとしています。

 

詳しくは、今度のこちらのOZスクールツアーレポートでお話をしようと思っていますが

グローバル社会に今、追いつこうとしている日本。

一人ひとりが、特に誰かを導いていく立場の方は

よくよく、「本質が何なのか」考えなくてはならないと思います。

絶対に、短期的利益や、恐怖や不安から行動をおこしてはいけません。

 

そのシフトのひとつの流れとして

こんな「教育の情報化をもっと急げ」というテーマがあります。

私がオーストラリアの大学で勉強していたときから

日本はすでに大きく世界から遅れていました。

 

そして、今回のこのOZスクールツアーでも

写真ではみることのできない

感じないとわからない

体験しないとわからない

教育の違い、環境の違いを比べることができました。

 

どちらかしか知らないと、比べられない。

どちらも知っていると

何がどちらに足りなくて、どちらにはあって、

何が一番重要で、何にフォーカスをすればいいかがみえてきます。

 

例えば、経験しないとわからないことの一つに

コミュニケーション!

というのがあります。

ツアー参加者に言われたこと。

 

「生徒が、先生が、皆がスマートです!!」

 

だって、声の出し方、意見の伝え方、コミュニケーションマナー、

すべて教室で、日々学んでいくのですから。

生活態度、姿勢が全く違います。

これは、出会った瞬間に感じられることです。

 

これは、実際にその場で体験しないと理解することはできません。

子どもたちも、これを体験することが重要です。

知ることが重要です。

そして、身体に落とし込んでいく。

世界標準の生きる姿勢とマインドが、最終的に英語でのコミュニケーション力に繋がるのです。

 

情報化、デジタル化、

もちろん、とても大切なことです。

オンラインでの学びは、様々なハンディーをすべて取っ払って

学びやコミュニケーションを円滑にしてくれるものですし

ずっと以前からアナログな教育に不満をもっていた私も

嬉しいのですが・・・

 

追いかけるように仕組みを整えていくことは、危険だなと感じます。

なぜなら、子どもたちの日頃の過ごし方、

親子のコミュニケーションの取り方、

学校での声のかけ方など、リアルな相互のコミュニケーションの仕方が全く違うから。

 

また、日本の子どもたちのデジタルに触れる機会の多さなど

日本の教育の今、足りていないものもの、足りているもの、

取り入れなくてはならないものを検証した上で

あるいはそんな全体像を理解した教育者が

現場で調整しながら導いていくことができなければならないと思います。

 

こちらのOZスクールツアーレポートでは、

無料スライドショーのあとに

こんな内容も取り入れていく予定です。

・両親と、先生(教育)の距離

・両親と、学校の連絡方法(デジタル、アナログのバランス)

・教室のレイアウトと、先生が使う教材

・授業でどのようにITをとりいれているか

・実際に、息子たちが使ったノートと、実際の授業内容

・声の出し方をどのように学ぶか(コミュニケーションのマナー)

・学校で「個性的」とみられ、居場所が見つけにくい場合

・男女のワークライフバランス

 

などなど、会場でご参加される方たちのリクエストもとりいれながら

進めていきます。

濃厚な疑似体験による視覚からと、聴覚からの情報量が、

未来をみる力と、

これからの行動に繋がる価値あるアイディアに繋がってくれることでしょう!

 

大きくシフトする時代には

自分の人生、子どもの人生、大切な未来に必要なものを

周囲の変化に翻弄されずに、選び抜く力が重要ですね。

 

さ?て、自宅の2000枚のCDをハードディスクへ!

私も重い腰をあげなくては(苦笑)