責任と調和を子どもは失敗から学ぶ?〜Boys learning commitment and harmony from failures

0
581

IMG_5486.JPG

My boys learned “commitment” and “harmony” on the weekend. It is not easy to perfectly understand these words. However, at least they are learning from some failures…. 🙂

I had to tell them what they did was so wrong and hurt people in a very strict way on the weekend… and had to let them understand what “commitment” really means…

I read this beautiful quote today which is about commitment to a relationship, however, I feel it applies to every situation.

“When you make a commitment to a relationship, you invest your attention and energy in it more profoundly because you now experience ownership of that relationships.”

週末に、息子達は”責任”と”調和”について

失敗の中からまた少し学んだかなと思います。

大人にとっても簡単ではないこの2つの言葉。

どうやったら子ども達が、大人になるまでに身につけることができるか・・・

考えます。

 

自由には責任がついてくる。

これを何度も口で説明して

本人にもリピートしてもらいます。

 

感覚的には10歳にもなると理解しているようですが

実際にこれを実践するって本当に難しい。

大人も同じですよね。

頭ではわかっているけれど

言葉ではなく、行動で示すって簡単でないです。

 

そして、何度も失敗から学んでもらいます。

失敗して体験しないと、習得できないから。

そうやって、本当にコミットメントするってどういうことかを

感じてもらいます。

 

でも、日々仕事をする中でも

プライベートのおつきあいでも

「行動で示す」ということでしか

人との繋がりが深くなっていく方法はないと感じます。

 

言葉がないほうが

強い繋がりができる。

薄い言葉ならいらない!

 

やはり日本は、本音と建前がある社会なので

なかなかうまく思っていることを表現できないことから

誤解を招いたまま 長い時間が経ってしまうことが多々あるなと感じます。

それを、時間がたって解決しようと思っても

とても難しいです。

 

外国の友人たちのコミュニケーションをみていると

一人だけ違う行動をすることを

当たり前のように選び

当たり前のようにお互いが尊重し

本音でやりとりしながら素晴らしい関係が築けている。

(もちろん、いいコミュニティーと出会いをいただいているから)

 

子どもたちが、悲しい行動を週末にしたときに

ルイとノアの友人まで

私がきつく叱りました。

 

それをみて、怒りをこらえていただろうご近所のおじさまは

穏やかな態度になりました。

 

保護者の態度が、いかに重要か。

いかにご近所と一緒に子どもたちを

教育してもらえるように自分のあり方をつくっていくか。

改めて感じます。

 

親として、何ができるか。

 

約束をしたら、それは、約束だから、

もう言い訳は通用しないこと。

社会で協力するってどういうことか。

地域で大切にしているものを、皆で守るってどういうことか。

 

そんなことを、本気で伝えました。

 

写真は、八景島シーパラダイス。

とても質の高い、美しいナイトショーでした。

海のことを学びながら、

自然界、人の世界が繋がっていることをまた感じたようです。

 

子ども達が、大きな世界を見れるように

大人が導かなくてはならない。

そう改めて感じた週末。

 

子どもの未来は、私たちの未来。

私たちの未来は、世界の未来。

最後に、コミットメントについて出逢った素敵な言葉。

また、SAYURI 意訳です 笑

 

「誰かとの関係に一度コミットメントしたら、

その人のことを心から思うこと

そしてエネルギーを心から注ぐこと。

なぜなら、その人との豊かな関係を

責任をもって導いていくのは

他のだれでもない、あなた自身なのだから。」