子どもの味覚を育てる方法

0
684
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
両親のブルーベリー農園のブルーベリー。農園が育っていく様子、ブルーベリーを年間かけて育てる様子をみながら、6〜8月に、美味しい、美味しい、世界一美味しいと子供たちがいうブルーベリーをいただくのは、至福のひと時。とくに、ブルーベリージュースはピカイチ!

We Global Ikuji think that 5 senses is so important for children to learn taste, touch, smell, sight and hearing!

グローバル育児の4つのキーワードの中に

「五感力」があります。

この五感力をUPすると、表現力と個性、オンリーワンの

自分だけの魅力がどんどん、ぐんぐん育っていきます。

 

コーヒーのいただき方をワンランクUPしようと、

「フレンチプレス」のいただき方を子どもたちと受講してきました。

息子たちが最近カフェを開くことを自宅

(ときどき 笑)やっていて、

私なしでコーヒーメーカーでコーヒーをいれてくれるようになったのです。

 

一緒に学びたいとのこと。

一生懸命大人のセミナーを聴いておりました。

そして、ホンジュラスコーヒーのテイスティングをすると、

5歳のノア、「レモンの味だ?!」

 

そして、プロから、「そう、そうだよ!すごい!」とのお言葉。

WOW!

私にもわからなかった味を、感じることができたのです。

 

コーヒーは、フルーティーやシトラスや、クリーミーなど、

いろんな言葉で味を表現することができ、

その違いを感じることはとてもおもしろいのですが

その味を実際に、オレンジやレモン、ナッツなどに

例えていくという思考のプロセスは、子どものほうが得意のよう!

 

私も、コーヒーのアロマオイルのことを今日は

頭でなく、舌と心で理解しましたので、

すぐに「プレス」を購入!

これからのHOME COFFEE TIMEがますます充実したものになりそう。

 

 

それが、グロ育ストーリーは、男性も楽しんでくださっているようで、

先日グロ育メンバーさん向けの神奈川でのイベントに参加してくださった

男性が、「SAYURIさん、ひどい人生ですね?!

よく生きていましたね?!

あれは、今後の人生を考える上で、男性にも読んでほしいですね!」

など熱いご感想をいただきましたよ(苦笑)