シークレット交流会@湘南

0
787

 

20130625-200829.jpg

昨日のメンバーさんとのシークレット交流会、

実は夜、じんわり涙がでてきたんです。

なのに、一生懸命たくさん皆さんのことを書いたブログ記事、

一瞬で消してしまいました(号泣)

 

埼玉や都内から足を運んでくださったり、

育児のストレートな思いを語ってくださったり、

Nさんの手帳をちらっとのぞくと、今日の日付に

「グロ育交流会♪♪♪」とメモ。

その横に、私に伝えたいことを綴ってあって・・・

 

ピュアな気持ちでグロ育と関わってくださっている方のためにも、

もう一度、初心にかえりたいという気持ちがわいてきました。

 

グロ育ストーリーにも綴ったように

私と同じような気持ちを、

これから育児をする方、している方にさせないよう、

自分がもっとできることをしていかなくてはいけません。

 

 

 

メンバーさんが増えたのだから、

それだけ多くの方が隣の人の人生を変える機会も増えたということ。

私だけが伝えられるグロ育でなく、一部の人だけではなく、

皆が、すべての人が、

人生をキラリと輝かせることのツールとなるようにしなくては。

 

私が辛かったころ、一生懸命時間をつくって

1分でも10分でもみつけては

本やメンターから学び、行動し、これと思った人やセミナーなら、

子連れでオーストラリアでもアメリカでも、

セミナーを受けにいき、会いにいきました。

そんなことを思い出しました。

 

生きること、女性であること、健康のこと、

考え方などメンターと話すことで生きる糧にしていました。

お金も時間もエネルギーもたくさん費やしましたが

本当によかったと感じるのは、一生ものの「財産」と

「生きる術」と「愛と希望」を心に育めたこと。

 

でも、自分自身がいろんなことをクリアし、

いろんなことがわかるようになると、

伝える緊急性というのがなくなります。

 

だから、情報ほしい!という方と

この情報もっているよ!という側の心のつながりが

とても重要になってくるんです。

 

伝えるということはそれだけのパワーが必要です。

情熱がなければ、伝える必要がなくなります。

 

もっと工夫して、もっと人の力を借りて、

もっと多くの女性が、もっと遠方の女性が、

もっと多くの子どもたちが未来を自分の力で

切り拓いていく力を、そのバトンを渡し続けなくてはいけませんね。

 

私のこれからのさらなるチャレンジは、一人でも多くの人の人生を

どれだけ変えられるかです!