【世界と繋がるグローバルミッション】Podcast番組Vol42: ホンジュラスコーヒーを愛するロースター葛西さんをゲストにお迎えして~Global Mission featuring 27 COFFEE ROASTERS CEO Mr Kasai with his project on Honduras Coffee Beans

0
466

I really hope everyone is well and healthy during this pandemic. On my podcast Vol42 just released today, I have featured one of my favorite coffee roasters in Shona area, Japan! Many of my friends who visits Japan from overseas tell me they miss quality coffee during their stay. Then I take them to some of my favorite cafes. One of them is here “27 COFFEE ROASTERS”!!! Beautiful coffee here!

コロナショックや、感染拡大から、生活への影響も大きく、毎日様々なことが起こっているのではないかと思います。少しでもほっと一息つける時間がとれているといいなと願いながら、今回の42回目のエピソードをお届けしていきます。

🎧Podcast Vol42
【世界と繋がるグローバルミッション】

ホンジュラスコーヒーを愛する27 COFFEE ROASTERSの葛西さんをゲストにお迎えして☕️

 

まずは、ご報告です。新型コロナウィルスIgG抗体検査の結果が出て、「陰性」でした。これで、家族の状況もわかります。やはり!という結果ですが、引き続き油断しないよう、過ごしていきたいと思います。

7月限定受付だったラーニングルームやビジネスブランディングセッションで1年間一緒に学ぶ方々も決定し、あっという間に満席となり驚きました!8月からリアルで交流する機会も楽しみにしています♡ニュースレターやPodcast  Blogも、大切にお届けしていきます。


さあ、ニュースレターやPodcast  Blogでグローバルアイデンティティーや、グローバルミッション、そしてダイバーシティーコミュニケーションなどをメッセージとして 、教育・ビジネス・Well-beingについてご紹介していますが、ゲストの方々をお迎えすることで、ロールモデルとしていただきイメージが膨らんだり、参考になることがあれば嬉しいなと今回も心を込めて配信しています。

今日42回目ののゲストは、ホンジュラスコーヒーを愛する27 COFFEE ROASTERSの代表葛西さん。

クラウドファンディングのページよりお店の写真をお借りしています🙏 Cool picture!!!

皆さんは、朝のスタートを心地よく過ごせると1日がうまくいく、そんな朝の習慣は何かありますか?

私は本当にコーヒーが大好きで、私の朝は一杯のコーヒーでスタートします。

お白湯を飲んで、野菜ジュースを飲んで、コーヒーは必ずいただくのですが、朝の私の大切な時間の一つが、コーヒータイムです☕️

オーストラリアに5年住んで、そのあと福岡に10年、そして福岡から湘南に引っ越してきて10年。この湘南の10年間、「27 COFFEE ROASTERS」というお店のコーヒー豆を挽いて、フレンチプレスで淹れていただいています。 毎回お店を訪れる度に、感動を覚えます。

例えば、夏は”Cool Way Blend”(写真)という季節限定のブレンドを初めて口にした時は、「フルーティーなんだけれども、夏にぴったりのすっきり感があるCoolな感じがある」という感動があったり、内装も訪れる度にどんどん洗練されて、何よりも、シンプルでスタイリッシュな店内に、代表葛西さんのミッションや温かい思いが、どこかに感じられます。

いつか、「コーヒー豆」という一本の軸を深めて、ブランドアイデンティティーを築いていて、それが、世界の生産者の暮らしを支える力にもなり、日本の消費者の生活の潤いにもなっているというサステイナブルなブランドのあり方として、また私自身も暮らす湘南という身近なロールモデルとして、ご紹介できたらいいなと思っていたところ、代表の葛西さんから、ホンジュラスのコーヒー生産者を支えるプロジェクトのご連絡をいただきました。

毎回お店を訪れると、私の声が聞こえたら、葛西さんが奥の方から出てきてくださって、コーヒーだけでなくて、共通の友人のお話とか、雑談をするんですが。。。

🎤「息子の学校のイベントで100杯、ドリップコーヒーをおもてなしするので、つかわていただきますね〜」

🎤「オーストラリアから日本に遊びにきている友人が、日本でなかなか美味しいコーヒーに出会えないから、ホテルで飲めるようにドリップコーヒーをプレゼントしますね〜」

🎤「サユリセンスでプレゼントしますね〜、福岡の両親のお土産にしますね〜」

と会話させていただいたり、オーストラリアに行く時には、葛西さんオススメのカフェリストをくださったりして、お世話になっています。

オーストラリアでは、コーヒーカルチャーが暮らしに根付いているので、朝6時からカフェでコーヒーを買って、コーヒー片手に出勤したり、早朝から会社に出勤する前にカフェミーティングをしたりという光景がみられます。

特別なコーヒー文化があって(Iced Coffee、フラットホワイトなど番組でご紹介) 私が暮らしていたブリズベンも、20年前に住んでいた時よりも断然高品質なコーヒーを取り扱う、本格的なカフェが増えています。

特にメルボルンには、友達に会いに行くだけでなくて、コーヒーを飲みに行くためにも必ず立ち寄る街で、それくらい世界一のカフェの街と言われているくらいなのです。(一番上写真はメルボルンにて)

日本にいる時は、高品質なコーヒーが恋しくなっていたのですが、 27COFFEEに出会ってからは、毎日の生活を潤してくれています。

今振り返ってみると、本当にライフスタイルに欠かせないものになっています。 そして、コーヒーから元気や温かさが伝わってくるんですが、その背景には、代表葛西さんのコーヒーへの思い、そして、生産者と消費者を大切にする気持ちなど、 純粋なグローバルミッションがあったからなんだなと、感じています。

実は、今回のコロナショックによって、中米のコーヒー生産国・ホンジュラスの生産者たちが、大きな危機に直面しているという状況だそうです。

「彼らにいつもお世話になっている日本のロースターとして、コンテナ輸入の緊急実施を決意して、クラウドファンディングにチャレンジすることになりました。」  と、葛西さんからご連絡をいただきました。

葛西さんからの生の声のメッセージをぜひ、⬆️Podcast番組Vol42でもお聞きくださいね。

27COFFEE ROASTERSは、1997年創業のコーヒービーンズロースターです。

「すべては最高の一杯のために」をモットーに、コーヒー豆の選定・現地買い付けから、焙煎・抽出・販売までを一貫した体制で行い、神奈川県内・湘南エリアにおけるスペシャルティコーヒーのパイオニアとして日々真摯に取り組んでいます。

※スペシャルティコーヒーとは、豆の栽培からカップに注がれるまで(=“From seed to cup”)の全ての工程において、徹底した管理がされたコーヒーのこと。生産者の顔が見える高品質なコーヒーとして、世界に広がっています。

葛西さんがホンジュラスコーヒーと出会ったのは、2009年のことだそうです。

「世界各国の有名なロースターから引き合いが多く、ホンジュラスで最も注目されていた彼らでしたが、それでも驕ることなくコーヒーと真摯に向き合っていました。家族や仲間を大切にする素朴で温かい彼らに、私は感銘を受けたのです。 私たちのような湘南の小さなロースターにも快くコーヒー豆を分けてくれました。

「少ししか買えなくて申し訳ない」と彼らに伝えると、「僕たちも皆家族でコーヒー農園を営んでいる。君たちと一緒だよ。僕たちの作ったコーヒー豆をきちんと理解し評価してくれるなら、最大限の努力をして、喜んでコーヒー豆を分けるよ」と言ってくれたのです。私はその時の喜びと感動、そして感謝の気持ちを決して忘れることはありません。」  と葛西さん。

私も、湘南のお店に訪れた時に、ホンジュラスの生産者ご夫妻が偶然訪れていたので、葛西さんに紹介していただきました。本当に温かい方々でその笑顔は忘れられません。 そんな彼らが心を込めて生産し、今年は、豊作で高品質なコーヒー豆ができたにも関わらず、新型コロナウイルス感染症は、中米のコーヒー生産国・ホンジュラスでも猛威を振るっているとのことです。

本来であれば今年もコーヒー収穫の最盛期である3〜5月にホンジュラスを訪問する予定だったそうですが、入国制限により葛西さんを含めた世界中のバイヤーが渡航を断念しました。

(昨年は2度、ホンジュラスを訪問されたそうです)

また、27 COFFEE ROASTERSと繋がりのある輸出業者によると、生産者にとって一番の輸出先である欧米諸国の経済低迷によってコーヒー輸出額は例年に比べて40〜50%減少し、彼らは今大きな危機に直面しているとのことです。

このままでは、一年かけて作ってきた大切なコーヒー豆を適正価格で販売することができないかもしれません。モチベーションの維持が難しくなるだけでなく、生産者の健康状態や暮らしに直結するようなことになってしまいます。 政府からの救援策や失業給付金も、現時点ではないと聞いています。パンデミックは現在も続いており、今では村から村への移動も規制されているそうです。

 

高品質なホンジュラスのコーヒーをコンテナ輸入する

【27COFFEE】ホンジュラスのコーヒー生産者を支援するための輸入プロジェクト

の支援の輪が今、広がっています。

一つのコンテナの最大積載量分のコーヒー豆を輸入するためには、約1500〜1800万円が必要ですが、このプロジェクトでは、目標額の600万が達成できるかに関わらず、必ず輸入を実施する予定ということだったのですが・・・

あっという間に数週間で、目標額を達成したとのことで、いかに、日頃、真摯にコーヒーと向き合うことで、多くの方に信頼され、応援されているかが伝わってきました。

今回42回目のエピソードの配信後から10日間ほど、まだ受付を行っているとのです。

支援は、3000円からすることができます。コーヒーのリターンなどもあります。

リンクからプロジェクトに参加することもできますし、プロジェクト参加には間に合わなかった方は、フルーティーなホンジュラスコーヒーを27 COFFEE ROASTERSでお試しいただくこともできます。

優しさや協力の輪が広がることで、フェアでサステイナブルな経済活動や、豊かな暮らしをお互いが支えあいながら、本当にその市場でクオリティーの高い活動をしている方々やサービスを社会全体で、世界とも繋がりながらこうやって守って応援していくことが大切だなと、これこそグローバルなフェアトレードだなと感じています。

パンデミックによって影響を受けている方々がたくさんいますが、今私たちにできることは、日常で元気をもらっている身近なブランドや本物のサービスを提供している方々を少しずつできる範囲で応援したり、購入したり、声をかけあったり、シェアしあったりすることがとても大切だと思います。

関わる全ての方が、フェアにつながって、世界がより良くなっていくグローバルミッションをご紹介しました。

皆さんは、今回のエピソードから、どのようなアクションを起こしますか?

Lots of love
Sayuri