【自己分析リスト】クリティカルシンキング力をセルフチェック!Podcast Vol22〜How to self-evaluate your critical thinking skill

0
577
学校で、メディアワークやディスカッションができるスペース。

前回のエピソードで、クリティカルシンキングの基礎をご紹介したので、クリティカルシンキングとは、ただ単に批判する思考ではなく、お互いの、社会のイノベーションや繁栄のために、欠かせない力だという共通認識がもてたかなと感じています。

この力は、「10の力」のうちの4つ目の力で、私が帰国したときに、日本人が圧倒的に世界に追いつけていない力だと感じたため、息子たちが育めるようにと、家庭での声かけや環境づくりも工夫してきました。

グローバル育児®︎のコミュニケーションというキーワードで育むことができますが、大人が理解していないとなかなか難しいと思いますので、どんなことが日本の教育で足りていないため、補強していかなくてはならないのかクリティカルシンキングコース(期間限定40%OFF)でもご紹介しています!

この力があると、壁にぶつかったときに、困らなくなりますし、新しいステージで解決策を探し、どんどん人生を展開していくことができます。ディベートやディカッションも、きっと怖くなくなり人前で話すことや、人とのコミュニケーションが楽しくなりますよ。

息子たちや私が、この力をどのように活用しているか、コースやPodcastでも今後ご紹介したいなと思っていますが、

今日は、現状を把握できる自己分析チェックリストをご紹介しますね!

欧米の学校でも生徒たちは、このような自己分析チェックリストを活用しながらクリティカルシンキング力を育んでいますので、ご家庭や会社の会議の時にもぜひ、このリストを活用してみてください。

1)I’m good at reading between lines
  私は、行間を読むことが得意だ

2) I find it easy to evaluate the evidence to support a point of view
  ある視点を支持するために、証拠から判断することは簡単だ

3)I usually pay attention to small details
  私は、普段から、詳細に注意を払うようにしている

4)I find it easy to weigh up different points of view fairly
  異なった視点を平等に比較し、評価することは簡単だ

5)I know the different meanings of the word “argument” in critical thinking
  クリティカルシンキングにおいて、argumentという言葉に、「口論」ではなく、違う意味があることを知っている

などとなります。Podcast(無料)では、さらに5個リストをご紹介しています。

(参照:Stella Cottrell, “Critical Thinking Skills”)

続きは、ぜひPodcast(無料)で確認してみてくださいね!
(Podcastは、1921名の方にお楽しみいただいています🙏)
そして、よろしければ、ご感想などもコメント(メッセージ)で教えてくださいね。

息子の学校でも、日々、クリティカルシンキングコースのメソッドをベースに、仮説・検証・発表・ディスカッション・ディベートを繰り返しているので、親も息子も鍛えられています!


冷静に、情報や人の意見から判断し、自分の視点を持つことができるようになったり、新しいアイディアを創造することができるようになる第一歩です!

クリティカルシンキングを育む過程で、自分軸が確立されて、どんな価値観をもつ相手や、身近な人とのコミュニケーションや、英語でのコミュニケーションも円滑になります。

異なった意見を受け入れ、冷静にディベートやディスカッションすることで、新しいより良い環境を創造できる日本となりますように。

Keep on smiling! xx

Love
Sayuri