言霊:言葉の使い方

0
1218

 

 

 

 

 

 

日本語ってよくできていて、「言霊」って

なかなかこれ!という英語にであえません。

the spirit of language? spiritual power of words???

うーん、どれも違う気がしますね(笑)

 

多くの方たちと接してきていて、

言霊って本当にあるなと感じます。

そして、それが世の中のすべてを動かしているといっても

過言ではないと思います。

 

例えば、親子関係、夫婦関係、友人関係、

仕事、ビジネス、政治、経済・・・あらあら、全てです。

 

特に、今Facebookやソーシャル・ネットワーク、

メールなどでのコミュニケーション量がどんどん増えている中で

この言霊が、過去500年間の情報量を超える勢いで

日々飛び交っている。

すべて受けとめてしまうと大変疲れてしまいます。

 

多くが人の思いとつぶやきだから。

その言葉に思い(エゴとも呼ぶ)が乗っているんですよね。

助けてほしい、認められたい、わかってほしい、

みてほしい、みつけてほしい。

上手に使えている人のほうがわずかです。

 

言葉の使い方、情報の出し方を仕事にしたことがない場合は、

本当に難しいと思います。

相手の立場を考えて情報をだしながらも、

自分の伝えたいことを伝えるって、結構な練習が必要。

でも考え方がわかれば、誰にでもできます。

言葉の選び方ひとつで、相手への印象がガラリと変わります。

 

(最近は、男性から、好きな女の子にどうやって伝えたらいいか

なんていうご相談までいただいています☆でもこれも同じこと)

 

例えば、最近初めていくお店にマッサージにいったのですが、

私は言葉の選び方や使い方がやはり職業柄とっても

気になってしまって、サービスを受ける場合でも

自然と意識してしまっているようなんです。

 

だから、自分よりもサービスを提供してくれる人が

言葉の使い方が乱暴だと、すごくがっかりしてしまうのですが、

そのマッサージの担当の方が本当に素晴らしかった。

 

「かなりお疲れなんですね。

筋肉が固くて、バリアしているみたいに、張ってるんです。」

 

と。私は、

「そうなんです。最近自分でのケアが足りなくて

ちょっと放置してしまっていたので・・・

でも逆に手が痛いですよね・・・?」

 

と聴くと、

「そんなこと、全然気にしないでください。

少しでも楽になってもらえたらな?って。

身体が苦しいだろうなって・・・」

 

って、ポロリといきそうなくらい、ぐっときてしまいました。

仕事だから普通なのかもしれないのですが、

仕事だからこそ、それを通して本当に愛を人に提供できるって

やっぱりいいな?と思います。

言霊・・・愛が言葉に乗っている。

 

また、オーストラリア在住の社長さんの仕事術を

先日プライベートでお会いしてお伺いしていたら、

やはり言葉の選び方が入っていました。

 

セミナー開催時に、あるひとつの言葉を

セミナータイトルにいれるようになっただけで、

参加人数が倍近くになって定着!

おもしろいですね?!

人の心は、言葉に反応して、行動します。

 

でも、大体この言霊というのは、

人の考え方や思考に影響されるので、

やっぱり結局はこういう順番になります。

 

考え方が変わる→言葉が変わる→行動が変わる→結果が変わる

 

ということです。

うまくいかないな?と、仕事でもプライベートでも思ったときは、

あっ、考え方を変える時期がきたんだ!

と思ってみてくださいね。

 

奥深いですが、自分の周囲にあるものが、

全て自分で引き寄せたものだなんて信じられなかった方も、

このメカニズムをしっかり理解できれば、

あっ、やっぱりすべて自分が選んで今があるんだ

ということがわかると思います。

だから楽しい!

 

グローバル育児®の300セミナー

(2013年4月より)の中で

たくさん親子関係、夫婦関係など、身近な問題をとりあげています。

言葉の使い方がわかれば、

自分に嘘偽りなく、大切な人たちとわかりあえるようになりますよ☆