人を育てるときに、一番大切な〇〇〇〇とは?

0
901


プライベート記事のリクエストを嬉しいことに

いただきますので、久しぶりに!

先週は次男、今週末は長男の運動会続きで、

雨で延期になって予定が変更したりと、

行事と仕事でとても忙しい毎日ではあるけれど、

秋の深まりと、忙しさを楽しんでいます!

 

プライベートでは、季節や天気によって、

リフレッシュや行楽、運動を変えています。

ハイキング、お散歩、外でお弁当、海をウォーキング、

夕方や早朝のランニング、ジャザサイズ、プール、釣りという感じで、

色んなものを組み合わせながら、子どもたちや仕事の状況に

あわせて、自然との触れ合いや、身体を動かすことなど、

ゆったり過ごして、エネルギーをたっぷり充電しています。

 

私は、ON ON ONという生活は

20代のラジオDJ時代で十分体験させていただきました(笑)

今は、公私のバランスと、長期的にみた自分の人生、

本当に何のために活動をするのか

というところをよく考えて、行動しています。

 

イベント、セミナー、レッスンという現場で沢山の方々と

関わらせていただくお仕事と、

経営として人と関わるお仕事と、

母として、子どもたちと過ごす役割とと、

いくつかの役割の中で、「人を育てる」ということを

させていただいていて、「人の可能性の偉大さ」を確信する毎日。

 

人を育てるって、どういうこと?

 

学びたいという意欲のある方たちから

質問を日々たくさんいただく中、

私がすべて答えを与えるのではなくて、

自分で考えられるような

思考をつくっていけるよう導くことが大切。

 

でも、聞かずに、確認せずに、間違ったまま進むのではなく、

自分だけでは解決できない問題や、わからないことは学べて、

不確実なことは「自分で行動して、考えた上で確認をとりにくる」

ことができるようになるには、

どうしたらいいかな?

 

本当に学びたい人が、

学びたいタイミングで学べるような環境づくりは

どうしたらいいかな?

フェアな関係でいられるには、どうしたらいいかな?

など、そういった基準で、決断していることが多いです。

 

長男ルイの小学校の教育と、ルイの興味にずれがでてきていることで、

先生と何度もお話して、特例をだしていただき、

可能性の芽を摘まないようにすることや、

仕事のほうでは、経営理念やヴィジョンはベースでいつも大切に、

ぶらないようにしながらも、相手のタイミングに

あわせて進めていくこと。

 

これを自然とできるようになるには、

アンテナをはっておくこと、

状況を常日頃からよく観察しておくことが大切です。

そうでないと、決断の瞬間が急にくると、いい決断ができません。

 

つまり、日頃ぼーっとしているのではなく、

相手や今の全体の状況を考えたり、

思ったりする時間やエネルギーを使うことが大切。

 

俯瞰した視点を必要とされます!

 

そこで、「人を育てる」ときに、本当に必要なこと。

やはりこれしかないなーと、たどりつくところは・・・

 

「無償の愛」

 

・ゆるす

・見守る

・待つ

・想う

・聴く

 

など、自分のエゴを捨てて、相手を信じること。

でもこれは、同じことを自分自身にもできなくてはいけない。

自分を信じなくてはできないこと。

だからこと、自分の軸が必要で、自分を愛することができて、

自分がいつも満たされていることが大切。

 

無条件で愛されたことがあるということも大切。

 

仕事やプライベート両方を、うまくいかせたい場合は、

健康・パートナーシップ・生活スタイル・人間関係など、

プライベートな部分を常にいい状態に保てる工夫が重要で、

仕事だけうまくいかせるとか、

そういう偏ったことは、いつか歪みがきますよね。