【Q&A】身体を思うように動かせないとき、心と身体のバランス整えるのはどうしたらよい?

0
1205


コミュニケーションボード
青森のtomokoさんから以下のようなご相談をいただきました。
THANK YOU!!!

Q: SAYURIさん
こんにちは。青森県八戸で三周年記念懇談会で初めてお会いしたtomokoといいます。
とても貴重な時間ありがとうございました。
そこでSAYURIさんより、“自分を大切に”という言葉をいただきました。
正直、その時は、その言葉の真意がわかりませんでした(笑)

あれから数ヶ月、私には色んな事が起こりました。
病気.手術.ホルモン療法を通じて、色んな事に気づき、感じる事ができました。
健康の大切さはもちろん、今は一番、自分とどう向き合うか。

手術の後遺症により、利き手である右腕が以前より、使えなくなったこと。
これは、自分が思っている以上に辛い現実です。
気持ちはあるのに、身体がついてこないこと。
今は、心と身体のバランスを整えていく事が課題です。
この課題にどう向き合うか、何かいいよアドバイスがありましたら、よろしくお願いします!

A:ありがとうございます!
青森でお会いしたこと、短い時間でしたが私も覚えています。
とても誠実な方で、様々な社会の矛盾や理不尽なことに疑問を感じながらも
忍耐を重ねてお仕事を続けることで
ご自身の心や身体にご負担になっているのではないかなとそのときは察しました。

その後、大変な状況を乗り越えられて
このブログでまたご質問をいただいたこと
とても嬉しく思います。
ありがとうございます。

そして、多くの方から同じようにご相談をいただいているので
このようにシェアできること、私も嬉しいです。

気持ちと身体と整えるというのは
女性にとって、全ての人にとっての基礎となる部分ですね。

楽しく生き生きと活動することも
やはり心身の健康が基本ですね。

Tomokoさんからのご相談は
何かをしたい、動きたい、活動したいという気持ちはあるけれど
身体がついていかないという葛藤とどのように向き合ったらいいかという内容ですね。

身体と心は、繋がっていますので
身体の何かの異変は心からきていることが多くあります。

それは、Tomokoさんの責任ということではなく
すべての人は「特徴」や「それぞれの状況」をもって生まれ育っているので
ひとつひとつクリアにしていくために
気づかせてくれるために
ハプニングがおこります。

身体の異変も、Tomokoさんに気づきを与えてくれるためのメッセージです。
グローバル育児®も、アイデンティティービジネスブランディング®でのコンサルテーションも
何か問題がおこっているときに
ひとつひとつじっくりと向き合い
ひとつひとつ解消していくことをやるので
みなさん、次なる世界がどんどん見えてきて
前進されていきます。

前進したあとは
また気付いていない何かに気づかせてくれるために
出来事がおこります。

何かがおこっているときや
何か疑問があるとき
課題にぶつかっているときに
大半の方はそれを解消(解決)する方法がわからずに
そのままにしてしまうのですが
そうすると、また同じメッセージに気づかせてもらえる同じような出来事(ハプニング)がおこります。

身体が思うように動かない
動かせないときは
本当に辛いです。

その辛さは、使命や人のため、社会のために役に立つ何かにつながるために
経験させてもらっていることが多いです。

・今、できることはなんですか?

・今、感謝したいことはなんですか?

・困難の中で、気付かされたメッセージはなんですか?

・失ったものと同時に、得たものはなんですか?

・手のリハビリは何かできそうですか?

・この経験は何かに役に立ちそうですか?

・誰かサポートしてくれそうな人はいますか?

・できなくなったことを人の力を借りたり、工夫できそうなことはありますか?

身体からのメッセージと向き合い
自分で可能な限り前向きな行動をとりはじめたときに
通常は、光がみえ、道が拓きはじめます。

Listen to your heart!
Never ever give up!!!