【強く優しく】Podcast番組 Vol36~これからの教育とビジネスのスタイルPart2 ~ Be strong Be kind! Education and business after pandemic.

0
477
New Zealand Prime Minister Jacinda Ardern
Mark Mitchell/Pool/Getty Images

「家にいて下さい。強く、そして優しく。」 

ニュージーランドの首相ジャシンダ・アーダーンの言葉

お仕事に、家事に、ホームスクールに、疲れなど出ていませんか?

あっという間に5月に入りましたね。

社会状況を考慮して、毎週ニュースレターとPodcast番組を配信してきましたが、「ゲスト:バイオリニスト古澤巌さんをお迎えした Vol35 これからの教育とビジネスPart1」など、本当にたくさんの方に聞いていただくことができたようで、メッセージもたくさんいただきました🙏

💌古澤さんのMr Lonely を聴いて〜

古澤巌さんの音色に素晴らしい海の風景が浮かびました。」「癒されました。」

私も、古澤さんの新曲をスピーカーで聴くと高音まで美しく聞こえて、鳥肌が立ちました。もう私もニューアルバムが待ち遠しくて、ほんの少しだけ聞かせていただきましたが、包み込まれるような優しい音色でした🎻

💌埼玉にお住いの方

「メディアよりも早めに、ニュースレターやPodcast番組で、これから日本に起こることをお知らせいただいていたので、重要な決断と行動ができました。ありがとうございます。」

💌熊本にお住まいの方

「貴重な方々のインタビュー、そして多岐にわたる内容。今必要な内容を!と吟味してくださっているのがひしひしと伝わってきます。メモを取りながら一つ一つ理解出来るよう聞いています。熊本市 小中学校は、タブレットでの学習が始まるのですが、ネットでの授業など、今までグローバル育児®︎を通してスカイプをしていたからか子ども達も当たり前に受け止めている。自然に移行できて良かったです。」

 💌名古屋にお住まいの方

「Podcast blog(ニュースレター)を受け取るたびに、情報は命を守るんだよ〜、とSAYURIさんがおっしゃっていたことをいつも思い出し、大切に読み、考え、行動に繋げています。あれだけのボリューム、想像を超える大変なことと思います。サユリさんが大切にしてこられた人との繋がりからの命と未来を守る貴重な情報をシェアしていただき、本当にありがとうございます」

💌休校中英語レッスンを受講され、1時間で息子さんが本を読めるようになった福岡の方

「 SAYURIさん、レッスンありがとうございました。息子が、思った以上に受け答えができていたので、本当にびっくりしました。SAYURIさんが、音声を録音してくださっているのを聞きながら、きちんと文章に合わせてページの画像を次に送っていたので、よく理解しているなと目を丸くしながら横に居ました。フォローが追いついていないけど、やったことは身についているのがよくわかったので、ほんの少しずつでも進んでいきたいです。」

💌10ヶ月間ビジネス英語レッスンを受講された男性経営者

〜久しぶりにお話をしたところ、そもそも優秀な経営者の方でしたので、さらにグローバル企業で成功されていて〜

「自分の英語に自信がもてたことで、転職をするときに、この道を選ぶことができた」

と、輝いていらっしゃいました。

💌アメリカ・テキサス州在住女性

「我が家は、英語の心配はありませんが、アメリカ人でも、アメリカの事しかわからない人も多く、娘にはせっかくアメリカで育てるこの環境を生かしてよりグローバルな視点で物事を見て、自分で考えて人生を切り開いていく女性に成長してほしいというのが私の願いです。 グローバル育児®︎は、私が娘をよい道に導いていっていけるような私自身の教育としてとても良いと感じております。」

💌福岡在住の女性

「私事ですが、この3月で18年間勤めていた会社を退職し、転職しました。少し先の未来を見つつ、子供たちのため、そして世界との繋がりの為に働ける職場だと思っています。 この転職の際にも、 「自分の軸を持つこと」「出来る事、やりたいことに集中して動くこと」という、 グローバル育児®︎で学んだエッセンスか活き、導かれてきたのだと思っています。 これからの不確かな社会に向かうため、 子供たちに最高のプレゼントとして教育を、たくましい「生きる力」を届けたい。その思いを新たにしました。 改めて、これまでのSAYURIさんの先見の明とご尽力に感謝するとともに、これからの新しいリリースも楽しみにしております。」


Thank you so so so much❤️

こんなに素晴らしい繋がりが広がり、嬉しいです!!!

Thank you Y chan!!! You did a great job!!!

Zoomなどのオンライン交流も、今毎日盛んです!

海外の起業家ネットワーク、日本の起業家のネットワーク、長男の多国籍の学校の方々などと、Zoom Cafe、Skype Meeting(さらに増えました)で素晴らしい方々と交流していると、教育も、仕事も、これからどうするかを考えている方が本当に多いと思いますが、今、店舗を抱えている事業をお持ちの方は本当に苦しい時期だと思います。

このような時期に伸びている分野もあるので、飲食業の方々を、垣根を超えて、サポートするという絆も生まれていて、SNSでも、飲食業の方々の販売機会を提供するグループができたり、つながること、声をあげること、支え合うことができている時期でもあり、感動する瞬間が本当に日々沢山あって、ウルウルしています。 


ご質問もいただいています。

Q 使命を拡大して、キャリアにつなげるにはどうしたらいいですか?

私も、ゼロから起業して、海外の書籍や起業家のからたくさん学びながら、今でも海外の起業家コミュニティーで刺激を受けながら、「言語」がさらにこれからの仕事に大切になってくるなと感じています。 

これからは、本物の信頼関係、本物のメッセージ、本物の思い、本物のスキルだけが残るということを前回もご紹介しました。 

それを、アイデンティティービジネスブランディング®︎と呼んでいるんですが、成功を外に追い求めるのではなくて、自分のあり方が変わって、「コミュニケーション方法」が変わるから、社会との関係性が変わって、仕事として返ってくるというスタイルです。 

残るのは、自分の才能のタネやキャラクターで、「コアコンピタンス」(自分にしかできない唯一無二の使命)を見つけて、それを明確に言語化して、どんな風に誰かの幸せや、社会の課題の問題解決につながるかということ。 

言語化が本当に大切で、自分の得意なこととか、やりたい仕事をアピールするのではなくて、どんな風に、自分のコアコンピタンスで、貢献したい方の人生に違いを起こせるのかという表現をすることが大切です。

この軸を確立して、あり方を定めることが、サステイナブルなキャリアのキーポイントです。 

この時期に、生き方を考え直したという声も良く聞きますが、私自身は出産後がとても辛くて、オーストラリアと日本の違いに悩み、出産後に生き方を毎日深く考えました。

そこで、自分の深い部分と向き合うことができました。

今この時期は、忙しく仕事をして活躍してきた方々も、もう一度考え直すタイミングがきているんだなと感じます。 

自分の本当の生き方、使命が出たら、その使命を言語化して、そこからキャリアアップしたり、ビジネスとして拡大していくには、ありのままの自分の使命とキャラクターで、コミュニケーションステージを上げていくことです。 

例えば、「才能のタネ」や「使命」は皆持っているものですが、そこからうまく活動が広がらないという方から、よくご相談をいただきます。 

私自身も、数名から始めたセミナーが、100名→1000名となった時に、試行錯誤することになりました。なぜ、プログラムの運営がうまくいかなくなったかにそこで気づいたんです🤫

その時に何をすればいいかというと、コミュニケーションのステージ1から2に上げていけばスムーズにいくようになります!

💡ステージ1は、自分の軸を確立するステージ。

自分の使命や才能のタネをしっかり洗い出すステージです。

💡ステージ2は、それを、1対1で、自分の使命を、相手の言葉にいい変えて、表現していくステージ。相手のことも聞ける、理解できるステージです。

💡ステージ3はマネージャークラスで、ヴィジョンを掲げて、小さなグループをまとめて動かせるステージです。

💡ステージ4になると、組織や大きなブランド、会社の使命を表現して、チームとも、社会とも対話していくステージ。

💡ステージ5は、グローバルにコミュニケ—ションできるステージです。

(NZの首相のように!)

コミュニケーションのステージが上がれば上がるほど、より多くの人に届けることができたり、もっと様々な立場の人や、価値観の人の本当の気持ちがわかって、対話することができるから、ビジネスやキャリアもうまくいって貢献規模が広がっていきます。

❤️大切なステップ❤️

1)使命を果たせるフィールドをしっかり決める
(確立)

2)自分のやりたいことではなく、相手の立場に立って使命を言語化する
(表現)

3)確立→表現→拡大 のためには、コミュニケーションステージをあげる
(拡大)

が、世界のリーダーから学び、私もこの10年間で体験した答えでした🎉
ここから、さらに、一緒に皆さんとステージをあげていきたいと思っています!

そこで、

Q)ダイバーシティーコミュニケーションをどのようにしてマスターしたらいいですか?

というご質問が届いていますので、また次回、ご紹介いたします。

Please take good care of yourself and stay healthy!!!

Love
Sayuri