【本質を見抜く力(6つ目の力)】3つのキーワード「言語力・五感力・EQ力」〜Podcast Vol71 How do you nurture the skill of analyzing info and getting to the point?

0
656
Vacation house in Zushi @Shonan 仕事がはかどるワーキングルーム・キッチン付のご近所のバケーションハウス。(逗子)人との接触もなく、仕事もお食事もお部屋でできるので安心です。

Hi everyone! Hope this blog finds you well!!! How’s your country handling Covid-19! We are here under the state of emergency again but I feel so grateful to live in such a beautiful shonan area.

緊急事態宣言の拡大・延長に疲れも出てきているかもしれませんが、
皆さん、お元気ですか?
日本でも少しずつ暑さのピークが過ぎたことを、肌でも感じられるようになりました。 

ここから夏の疲れも出やすくなってきますので、体調を崩さないよう気をつけていきたいですね。

また、ブレイクスルー感染や、自宅療養を体験した方からのリアルな声も聞くことも多くなってきてしまいました。

私も予防としては、マヌカハニー、ティートリーやユーカリなどのアロマ、マルチビタミン、マスク・消毒はもちろんのこと、異変を感じた時用の抗原検査キットや漢方、自宅療養のリスク対策としても、パルスオキシメーター、経口補水液、酸素缶などを準備しています。 

できる範囲で人との接触を減らしてリスク対策しながらも、楽しいことも上手に生活に取り入れていきたいですね! 

我が家は長男が、8月中旬に2ヶ月の夏休みが終わり、新学年がスタートしています。夏休み、目標を決めていましたが、アメリカのデザインのコースに洋書のサマーリーディング・・・

そして家族でも、緊急事態宣言に入る前に状況を見ながらやりたかった体験をすることができました。
気をつけながらも色々工夫できたので充実した夏を過ごせたかなと思います。 

新学期、オンラインで先生たちと保護者の交流もありました。今年も国際色豊かで、アメリカ・カナダ・ペルー・南アフリカ・トルコなど、様々な国籍の先生たちと1年間過ごすことがまた決まりました。 

この時期に教育を提供する側も本当に大変です。

先生たちは、夏休み中に一度帰国して、ワクチンを打っていました。また、新しい先生は、入国前と入国後に2週間ずつの隔離のため、ホームルームがオンラインで開催されたりと、臨機応変に対応しています。

授業はハイブリッドで、随時、対面かオンラインと選択できるようになっています。 

セカンダリーに入っているので、将来のことを考えながら、それぞれの教科の選択をしたり、「どんなふうにグローバルシティズンとして将来仕事をするんだろう?」と考えたりする機会も増えています。 

思春期の脳を考えると、まだまだ前頭葉は成熟していないので、ここからしっかり脳と心と体が育っていくような環境を作ることが、大人の仕事だなと改めて感じています。 

次男も、夏休みは延長とオンライン授業が決定しています。  


🎧今回71回目のPodcast番組テーマ

【本質を見抜く力(6つ目の力)】
〜3つのキーワード「言語力・五感力・EQ力」


海と富士山 Mt Fuji and ocean view in Zushi City Kanagawa

最後に成熟するのに、衰えるのも早いとも言われている前頭葉の成長にも関係しているテーマです。 

 「本質を見抜くキーワード」を生活や教育に取り入れることで、疑問や問題を素早く解決できます。
そして、スムーズに目標達成ができたり、人間関係が円滑になったり、キャリアップができたりと、悩む時間を最小限にして、幸せを感じられる機会も増えていくと思います。

例えば、パルスオキシメーター一つ選ぶにしても

☑️ どのブランドが信頼できるか

☑️ ワクチンにしても、どの言語でリサーチするか

☑️ どれくらいの科学的根拠のある情報源を、どれくらいの量集めるのか

☑️ 自分の状況にあわせて、どんな決断をするのか

など、選択や行動に大きな影響がありますね! 

 

自分にとっての本質と、他の人にとっての本質は違いますし、会社にとっての本質と、社会全体にとっての本質も変わってきますので、何にとっての本質を求めるかによっても答えは変わってきます。 

今回は、「本質を見抜く」ための3つのキーワードに絞ります。 

💜1)言語力(7つ目の力)

〜読解力(Comprehension)、 表現力、 クリティカルシンキング(4つ目の力:情報収集力) 〜

 

例えば新型コロナやワクチンに対する情報も、メディアだけではなくて、より複雑で難しい研究結果など、質の高い多くの情報を英語と日本語で受け取って、それを噛み砕いて自分の中で消化して、自分や家族にとって一番大切なこと、本質を見つけることができると命を守ることができますよね。

でも、私も海外の専門家や、データに詳しい友人に英語の記事やデータを送ってもらい、目を通していますが、実際にすべてのデータに目を通すことは、大変な時間と労力がかかります。

ただ、母国語の読解力がアップすると、英語力や第二言語の読解力もアップします。これも、一夜にして育むことができないスキルですが、トレーニングを重ねることで育むことができる力です。これを、家庭での育児、学校教育でしっかりできるといいですよね!

英語のレッスンをしていても、母国語の読解力と英語力が比例しているなと感じます。 

経営する中でも、日々重要性を感じます。 

例えば、わかりやすい例を一つ挙げるとすると、インターナショナルスクールで日本語を教えている先生と話していたときに、こんなことをおっしゃっていました。 

日本の高校で国語の教師をされていた時に、ある書籍の著者にインタビューをしたことがあったそうです。学校のテストか入試の問題にその書籍の文章が出題されていたそうです。

文章に対する読解力の質問があって、もちろん正しい回答があるわけですが、著者に先生がインタビューした時に、ご本人から、その試験の回答は、本当の回答ではないと言われたそうです。

つまり、著者ご本人にとっての正解は、試験で丸とつけられる回答ではなかったということです。

本物の読解力は、何か・・・ということを考えさせられます。 

答えが正しいと鵜呑みにせずに、「ん・・・?」

なんかこの回答変だな、この仕組みフェアじゃないな、この情報のここが変だな、この方は、言葉では伝えにくそうだけれど、こんな風に本当は感じているのではないかな。 

と疑問を持つ、気づく、そうなれるといいでよね。 

より深く読み込み、より深く考える言語力を磨けば磨くほど、本質を見抜く力につながっていきます。

2)五感力

他の触覚、味覚、嗅覚などはコースでも詳しくやっていますが、今日は一つ聴覚を例にあげます! 

  • 視覚の場合は、「より多くの色がわかるようになる」
  • 聴覚の場合は、「より多くの音が聞こえるようになる」

ということです。 

例えば、リズム。

Podcast番組の冒頭と終わりのジングルを製作してくださっているラジオのディレクターで、音のプロの彼は、音楽を聴くと、ベース・ドラム・キーボードなど、全ての楽器の音が別々に別々に聞こえてくるという方です。

彼とお話ししていて、

1小節に、4ビート、8ビート、16ビートの違いを聞こえるように、日本の音楽の授業でもしっかりリズム感を学べるといいね!とお話ししていました。

より感度が高いと、本質を見抜くことができるようになって、その感度のUPが、キャリアでもプロフェッショナル度に繋がります。 

3)EQ力+言語力
=ダイバーシティーコミュニケーション力 

「心の知能」とは、「自己や他者の感情を理解することや、自分の感情をコントロールする能力」。 

感情は豊かで、感じる力は深いけれど、一喜一憂するのではなくて、感情的にはならない。 

自分の価値観に沿って感情の揺れ動きがあることがわかるようになると、自分のことがより深く分かっていて、自分の感情をコントロールできるようになります。

そうすると、相手も同じように感情には背景があることが理解できるようになって、一人一人の感情や行動の背景をより深くイメージできるようになって、人間関係が円滑になります。 

そうなると、自分の主張を、相手の立場で伝えられるようになるだけではなて、今度は、グループや組織全体が見えるようになるので大きな規模のプロジェクトをリードしていくことができるようになります。

ダイバーシティーコミュニケーションのステージが、このように1→2→3→4→5と上がっていくと、心に余裕が出ます。 

自分だけの世界から卒業して、鳥の目で問題が見えて、あの人は言葉にはしないけれども、こんなことに困っているだろうから、こんな声かけをしよう。

このチームという集団の中では、一番の大切なポイントはこの部分だな。

など と、本質を掴んだ上で、新しいルールや仕組みを作ることができるようにあります。

抽象度が上がるので、前回のエピソードにもつながる俯瞰視点も育むことができます。 

 

ん?何か変だぞ!

ん?何か違うな!

 

💜気づく力

💜行間を読める力

💜きめ細やかに感じる力

💜そして、点在する情報をつなげて、より広く、深く考えられるようになって、一番重要なことに気づけるようになる。

気づいたら、一番大切なことに集中することができるようになって、自分の理想の成果や問題が解決できるようになります。

一緒にこの力を磨いていきましょう!

次回は、グローバル育児®︎誕生10周年として、また新たなヴィジョンを取り上げていきたいと思います。 

Q)今回のエピソードから、どんな風に「本質を見抜く力」を磨いていきたいと感じましたか? 

Love
Sayuri