【Q&A】お母さんの英語の発音でも大丈夫?

0
2201


Today is a filming day of online seminars for Global Ikuji.

I often use English books and songs in my seminars for Japanese mothers and children to enjoy learning English by just watching them at home! And it works so well!

Q. 子どもに英語の絵本を読み聞かせたり、グローイックを始めるにあたって、英語が苦手な私(ご両親)の発音でも大丈夫ですか?

A. YES!大丈夫ですが・・・それだけでは、心配なのでちょっとした秘訣があります。

Junior英語コースをスタートされた時には、英語に苦手意識が強かったお母様が、不安になりながら英語ストーリーを読みきかせされていたようです。子どもにはその不安が伝わってしまい、発音が苦手という状態でのスタートでした。

それでも、お母様が「日常英会話フレーズ」をマスターされ、Junior英語コースでの英語の読み聞かせをマスターされたことで、お母様の自信が育まれ、お子様が英語のストーリーを声に出してどんどん読むようになりました!しかも、スタート時は、注意されることで自信を失う状態だったのですが、「10個目の限界を超える力」まで身につき、習っていたスポーツでなかなか勝てなかった中、勝負にまで強くなりました。生活全般の「生きる力」と「自己肯定感」が育まれたことに、とても感動しました。


「英語が苦手な両親が、子供に英語を教えることは現実的ではないと思う。」という声もいただくことがありますが、上記のエピソードからも親の力の偉大さを感じていただけたら幸いです。

その「考え方」自体が、子供の人生とリスクにブロックになってしまっていることを、Junior英語コースで親子と接する度に、ひしひしと痛感しているのです。

「家庭環境を変える!」

「自分自身の英語への苦手意識に向き合う!」

と決めたご家庭は、お子様がどんどん、どんどん、本当にものすごいスピードで、急に飛躍し始めるんですよ〜💜それを何度も目の当たりにしていて、本当にそのブレイクスルーは、心が震えます!

英語力UPの秘訣は、スタート時のレベルではなく、強い意志と素直さだと痛感しています。

英語が苦手だと感じている方の場合におすすめしているのは、ご両親ご自身の英語をお子様に聞かせる以上の量で正しい発音の英語を聞く環境づくり!

正しい英語を、ご自身の英語以上にインプットしてあげてください。
(でもやっぱり、お子様の心に届くのは、お母さんの読み聞かせや語りかけ😘)

苦手な発音や、ナビゲートはサポートさせていただいています。

でも、お母さん(ご両親)のできることを、子供と一緒にする時間を1日1%の時間(15分)からつくるだけで子供の人生が変わるとしたら「考え方」を変えてみたいと思いませんか?

それでも無理です!

という声が聞こえてきそうですが、大丈夫です!

こちらのグローバル育児®900英単語からはじめて
多くの方はどんどん発音が矯正され
お子様たちも生きた英語を見事に身に付けています。

ネイティブスピーカーの子どもたちも、はじめは英語がわかりません(笑)

それでも聴く環境が産まれたときからある。

「言語のボール」(「グローイック」で使っている言葉。)を”心”に満たすことです。

そして、それはCDやTVだけのデジタル音声ではなく
感情や行動がリンクした英語を聴く機会。

正しい発音を聴く機会は
忙しい日々の中でもたくさんあります。

「耳」があいていればOK。

そんな時間に子どもの耳を正しい発音にならしてあげ
お母さんの役割は、一緒にその世界観を感じ
楽しみながら英語の世界をリアルなものにしてあげることです。

900英単語で、お母さんが発音を練習し、劇的に発音を変えたことでみるみる読解力もUPします❤️

Love
Sayuri


ゼロからバイリンガルまでに必要な環境、気をつけること、英語を取り入れるときに重要な考え方などは、グローバル育児®ベーシックコーススタンダード通信コース、Junior英語コース英語教育プロフェッショナルコースなどで配信しています。年間数百万円相当のインターナショナルスクールや留学と比較しても、失敗のリスクや精神的・時間的・経済的な負担を圧倒的に削減することができます。