福岡Face to Face レッスン/年末年始のお知らせ

0
1009

20131231-012420.jpg

2013年、皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

12月30日から2014年1月5日まで、オフィスはお休みさせていただきます。

来年もどうぞ、よろしくお願いいたします!?

 

いよいよ今年も最後。

私は、天ケ瀬温泉にご招待いただき、大変素晴らしい時間を過ごすことができました。

素敵な出会いと温泉と食と音楽と、おしゃべりで体と心をリセット。

あたたかおもてなしと生きる情熱に、エネルギーをたくさんいただきました。

 

また、福岡に戻り、10年以上も私を応援してくれているメンターや、

数年ぶりの再会などを通して、 多くの貴重の情報と心の繋がりがまた深く。

 

また年末ギリギリまでレッスンもあった中で 生まれたての0歳から

10代、20代、30代、40代、50代、60代との触れ合い。

それぞれの様々な人生と、個性と、感覚と、希望と、状況に

泣いて、笑って、感動して、心が震える時間を福岡で過ごしています。

 

福岡Face to Face Lessonは、3日間にわたって7名の方が受講くださいました。

9時間のノンストップDAYも!

お写真を撮り忘れてしまった方がいらっしゃって、ごめんなさい!

福岡トークショー&交流会レポートは こちらから。)

 

今回は、これまで多くのレッスンをおこなってきた中でも

すべての方とのセッションのなかで 言葉で表現することのないくらい

深く、本質的な、感動と涙の時間を過ごすことができました。

 

100%心ひらいてお迎えする準備をしていましたが それ以上に、

お一人お一人のお気持ちが素晴らしかったので

このような濃厚な時間を共有することができました。 20131228-220009.jpg

皆さんの真剣な瞳、私の言葉を心から信頼してうけとって下さる姿勢、

情熱的に伝えてくださる姿勢、大きな気づきがあったときのキラキラの笑顔、 本

当のご自身の気持ちにふれたときの涙、

レッスン終了後の浄化したような表情、とっても魅力的でした。 20131228-220022.jpg

レッスンテーマは、おもに自己実現やキャリアアップや、コミュニケーションなど。

特に、難しい方とのコミュニケーション、人材育成、

夫婦関係、職場のコミュニケーション方法、 自分の仕事や得意を表現する方法、

自信を持つ方法、軸や使命をみつける方法、深く理解する方法、

モチベーションや情熱を保つ方法などなど。

 

生でいただいたお声を、ご了解いただき記録してみました。

・どうして、こんな考えを誰も教えてくれなかったんでしょう?!目からウロコです!

・学んだことは、人生の財産です!

・しっかり軸がみつかり、今までも立ってはいたけれど、足下がしっかり固まりました。 20131228-220034.jpg

・2時間で使命が見つかった方は、来た甲斐がありました。根をはることができました!

・一年のご褒美になりました。

・今まで、グロ育をよく今まで理解していなかったんですね。もう一度、セミナーをはじめから見直したいです。

・私が今日気づいたことを、グロ育では9歳までに身につけられるなんて、すごい! 20131228-220050.jpg

・今までどうして、メールレッスンで学んだ目標に向けてのプランが継続できないかがよく理解できました。

・私が学んだことを伝えたら、私の子どもが実践できるようになった理由は、そういうことだったんですね。

・2014年が輝いてみえます! 20131228-220102.jpg

・大満足です!

・そう、どう表現していいかわからなくて、誰にも話したことはなかったのですが、本当の気持ちに気づきました。

・あ?すっきり!

・2時間で、全く違う自分とであえるなんて!

などなど。

 

ご感想はミックスしており、写真の順番と関係ありませんので了承ください。

よりよい自分を、より愛を、より貢献を、 と成長しよう、

学ぼうとする皆さんの姿勢に心を打たれてばかりでした。

 

グロ育やサユリセンスのレッスンを、

100%生かしてくださっていることにも感動でした。

福岡、着実にお一人お一人のステージアップがみられます。

 

ありがとう、福岡!ありがとう、2013年!

今年も、サユリセンス・グローバル育児、

私に、少しでも関わってくださった皆様に、 心から感謝の気持ちをお届けしたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

タフな一年を乗り切ることができたのは、皆さんのおかげです。

来年もまた、全力で、よりよい環境をプロデュースしてまいります。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。