新しいお金とのつきあい方を子どもと考える〜Teaching children how to manage money

0
900

IMG_6039.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Do you teach your children how to manage money? I started last year when my old son was 9 and my younger son Noah was 6 years old. I wanted them to start together so that I can say the same things to both of them.The key is to give them the ideas about a long term spending and saving plan. Spending money has to be less than earnings. Also, earnings have to come from something they contribute. I don’t give them as Okozukai (pocket money) yet. They receive Otoshidama (new year present money from their grand parents and relatives) and then they plan how to use them through the year.

子ども達が大人になるころには

今ある仕事がないかもしれない。

今ない仕事があるかもしれない。

新しい産業が生まれているかもしれない。

働き方が全く違っているかもしれない。

これをVUCAと呼ぶそうです。

 

 

そんな時代に子育てをするということは

ゼロに一旦頭をリセットしなくてはなりません。

今までの私たち大人の体験や価値観を

子どもに押し付けても全く通用しない時代にすでに突入しているのだから。

 

アイデンティティーがわかる20話ストーリーレターでも

お伝えした「ゆでがえる」の私たち・・・

今こうやって私がブログを書いている間にも

もっとやらなくてはならない優先順位が高いことがあるのでは?

と最近感じるくらい

日本の歩みが世界に遅れていることは確かです。

 

お金についての考え方も

私たちとは将来違う働き方になる子ども達に

伝えていかなくてはなりません。

 

ポイントは、お金は人の可能性を

広げてくれるツールであって

行動を制限するものではないと

ポジティブなつきあい方ができるように

日々の声かけと習慣の中で

自然と起業家のような思考が身に付けられること。

 

我家ではお小遣いをまだあげていません。

(小1と小4)

その理由は、何も身体を動かさずにお金を受け取れるという

感覚や体験を身につけてしまうと

将来困るからです。

 

ではお手伝いをしたらお小遣いをあげる?

我家はそれもしません。

「子どもとお金」のお話をしたときにも

本当にたくさんの反響をいただきましたが

去年我家で実践してきたことが

子ども達にきちんと身に付いてきましたよ〜。

 

去年一年間のお金の使い方を

自分たちで見直してだした結論がこちら!

IMG_6038.JPG

お小遣い帳を使ったおかげで身に付いたことは

・長期的な視点でお金のプランをたてられるようになったこと

・入金と出金の関係を理解できるようになったこと

・無駄づかいという失敗を体験したことで

何に使うか考えられるようになったこと

・お金がどこから入ってきて、どこに流れるかが理解できるようになったこと

 

【そのために必要なグッズ】

①お小遣い帳・・・長期的視点でお金の流れを把握するため、予算決め、やりくり

②お金の新しい考え方・・・定期的な収入という考えをリセット

③自分のお財布・・・キャッシュチェック把握のため

④貯金箱や自分の銀行口座・・・「貯める」の本来の意味を知るため

 

子どもたちとお金の使い方に

向き合ってみてその成果がでだしたので

また2015年のお小遣い帳を探したのですが

いいお小遣い帳がなかなかない!

種類がとても少ないです。

 

選択のポイントは

シンプル・書きやすい・月間と年間ごとに締めができる

などなど。

今年からはじめたいな〜という方は

上の写真の「小学生 こづかいちょう」

この3点クリアで子ども達も1年間続けることができました。

 

※追記2017年1月:大人気だった「子どもとお金」セミナー、

現在9歳と12歳の今でもお小遣い帳を続けていて、

毎年反省と目標をたてています。

小学生を振り返って、最新コンテンツはベーシックテキストコース

スタンダード通信コース、マスター合宿ご参加の方へ配信予定です。

参照:グローバル育児®Child9-1「お金を上手に生かす教育法」