【Q&A】4歳以上から英語スタートの場合

0
1831

さあ、今日のテーマは

【Q&A】お子様が4歳以上から英語スタートする場合!

先日は、0~3歳で英語を始める場合についてお話をしましたので、
続いて4歳以上編です。

小学校高学年〜中学生までの、重要な内容はこちらです。)

英語を家庭で取り入れたいというお母さまから、必ずいただくご質問がスタート時の年齢について。

実は、0~9歳くらいまでのグローイック年齢の場合は、どんな年齢でスタートする場合でも、同じステップを進んでいくことが大切です。

🎧ポッドキャスト番組Vol23
【初公開!】900英単語〜生きた英語(英検準1級レベル)マスターへのステップご紹介!

🎧ポッドキャスト番組Vol26【オススメ英語絵本&洋書リスト】
0〜14歳までに読んだ10冊+Α

例えば、楽譜を大人になってから読めるようになりたいという場合、私は大人なので基礎は必要ありません。途中から教えてください。

なんていう考えはありませんよね?

一番肝心なのは、基礎や土台です!

ただ年齢によって、その基礎を伝える手順や方法が違うというだけです。
ですが英語の場合は、どうしても基礎を飛ばしてしまうことが多く、それが致命的になる場合があるのでご注意ください。

「生きた」英語学習の基礎は、

グローバル育児®ベーシックコースのバイブルとBABY期の動画(キャラクターの種を見つける)

と、基礎の900英単語のうち、BABY期の300英単語を同時にスタートします。

同時に、あるいは次に、スタンダード通信コースへとそのまま継続して進んでください⭐︎
(ベーシックコースで見つけたキャラクターの種の芽を伸ばすことができます。)

理解力、実践力が増します。

実際に、英語に苦手意識が強いご両親が、ご家庭で基礎の「900英単語」や「365英会話フレーズ」と発音に取り組んでいただくことで、お子様が急に嫌がっていた英語の発音を口に出し始めたという親子もいらっしゃいます。

英語の得意なご両親も、同じように基礎から親子でスタートしてくださることで、親子で取り組む方法の土台がしっかり身につきます。

声かけや手順、方法や考え方のほんのわずかな違いで、結果が大きく違ってきます。

日本の既存の英語教育とは違うステップのため、家庭でこの新しい考え方を理解できれば、どんどん進めていくことができます。

4歳以上からスタートしても、9歳くらいまでに日常英会話を理解できるようにすることは可能です。

莫大なお金を幼稚園児に投資するのではなく、ぜひ、「家庭の心のこもった時間」をどんどん活用して、使える生きた英語をお子様にプレゼントしてあげてくださいね!

忙しいご両親でも、1日1%(15分)を毎日、グローバル育児®︎時間にするだけで、「生きた英語力」と「10の力」を育むことができます。

4歳以上の場合も、まずは「言語のボール」をいっぱいにします!
英語は、900英単語(ミクロメソッド)と、365英会話フレーズ(マクロメソッド)を実践。
同時に、「ベーシックコース」と「スタンダードコース」で「10の力」を育んでくださいね!

グローバル育児®BABYの英語教育やグローバル視点という基礎力を、ご両親がまず身につけることから意識してみませんか?

毎日のコツコツが、
大きなシフトとなり、お子様の人生に違いをおこすことができます☆

Love
Sayuri