チャンスを受け取ることの意味~taking a chance and self-esteem

0
845

(写真:紅茶専門店でミーティング☆)

Everybody has a chance right in front of you. Some can grab that chance and make things forward, but some people don’t notice it and miss it or don’t take it. How can you take a chance? How can you be the person who takes a chance and make a big difference in your life?

都内ー湘南と往復の最近。

ひとつひとつの出逢いと触れ合いが

深く、深く、濃厚で、さらにエネルギーが溢れだす毎日です。

 

心から信頼できる方や

その道のプロという方々に出逢い

適切なタイミングで最先端の情報をいただくことが多く

マスター合宿の準備も力が入ります!

(参加者と、その家族の人生が大きく変わる瞬間になるから。)

 

タイトルの「チャンスを受け取れる瞬間」。

受け取れる人と受け取れない人とでは

能力の差など関係なく

たった1つの選択の違いで

その後の人生が大きく変わってきます。

 

まずは、以下、各地のグローバル育児®コーディネーターさんの

ご活動からいただいた参加者のフィードバックです。

 

☆「行動をうつすのと

何もしないのでは全く違う人生になるのだと改めて感じました。」

 

☆大学の幼児保育の講義をやったほうがいいと思う。

これなしでは、幼稚園教諭・保育士資格をとれないようにしたほうがいいです。

 

☆本当にグローバル育児®の伝えるアイデンティティーの重要性が

日本中に、世界中に浸透していけば

そんな自己肯定感の低さなんて吹っ飛んで
みんなが夢を実現していける素晴らしい世界になりますよね。
☆久々にグロ育風呂に浸かってきました〜笑
やっぱり心地よい、素晴らしいコミュニティ♥
小学校入学に向けて
とっても有意義に準備をさせてもらっています。
などなど、実践者がどんな違いを人生におこしているか
その違いを伝えることによって
どれだけの思考の違い➡行動の違いをおこしているか
が伝わってきます。

 

例えば・・・

最近のアイデンティティービジネスブランディング®では

個人の活動やブランディングはうまくいっているけれど

個人としての活動に限界を感じて

組織やチーム体制、仕組みづくりをしたいという女性たちから

どのように仕組みづくりをすればいいかという

ご質問・ご相談内容が増えています。

 

その際に感じること。

「目の前に、少しでも先に進めそうという

チャンスがきたときに

その瞬間に掴み、選ぶ事ができる人。」

が、その選択によって

その先の人生を豊かにしていくことができるんだな〜ということ。

 

チャンスがきたときが

一番の貴重なベストタイミングなのに

 

「自分はまだだ。

今ではない。」

 

という今までの過去の自分自身にとらわれて

チャンスを先送りしてしまう。

 

何よりもその自分自身の選択が

自分の成長や繁栄をとめている人が多い中で

自分が足りているか足りていないか

できるかできないかは別として(笑)

チャンスを折角いただいたのだから

まずは受け取ってみようという

「受け取り上手な人」

が、前進していく人。

 

できないと思っていることでも

チャンスをいただいたということは

実は「できること」

それをちょっと先かなと思っていたことでも

やってみる。

 

この自分で決めつけずに

流れに身を委ねる(選ぶ)ということが

人生を切り拓くキーポイント。

 

これを受け取れるようになるためには

自分で勝手に決めた限界や

セルフイメージを書き換えていく必要があります。

これは、人間力というキーワードで

一番重要にしている言葉。

 

自信をもつとか

自己肯定感というのは

ただただ自分を認めるということではなく

自分でつくっていた限界を超えたチャンスを受け取ったり

今までにない選択をできるようになるということ。

 

 

言葉で理解するのではなく

自分で思っている自分を疑ってみて

やれないと思っていたことを

やってみる選択をするということを

ぜひ時代のターニングポイントである2015年に

想定外の出来事として受け入れてあげたいですね!

私もそうしよう(笑)

チャンスは前髪☆